コインベースカストディからL2として初のサポートも、Optimismに流出騒ぎ

ハッキングを否定

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のL2ソリューション「Optimism」について、運営が管理するマルチシグ・ウォレットから約600億円(4億5000万ドル)相当の独自トークン「OP」が突然移動されたことが確認された。

ハッキングの疑惑が広がり、OP価格は一時10%急落。その後、運営チームが疑惑を否定して暴落前の水準に値を戻している。

出典:Trading View

約600億円もの資金は、暗号資産(仮想通貨)OPの執筆時点の市場流通量を上回る規模だ。データサイトCoinMarketCapによると、OPの時価総額は423億円とされている。

マルチシグ・ウォレットとは

マルチシグウォレットとは、アクションを実行するために全体の署名者のうち少なくとも数人の署名を必要とするスマートコントラクトで、Optimismのような分散型プロトコルのガバナンスに使用される。

▶️仮想通貨用語集

その後、Optimismの運営チームはツイッターで、大量のOPトークンの送付は「計画されたもの」と説明。機関投資家向けに仮想通貨のカストディサービスを提供する「Coinbase Custody」との連携のために、関連するウォレットに向けられたものと加えた。チームによると、Coinbase CustodyによるイーサリアムL2のサポートはOPが初めてとなる。

Optimismはまた、本件によるOPトークンの供給量に影響はないと説明した。初期投資家に配分し、ロックされているトークンがリリースされたような種類のトランザクションではないようだ。

Optimismの運用体制に対し、ソーシャルメディアでは取引データが公開されているパブリックチェーン上で、事前アナウンス無しに大金を移す運営サイドの体質に批判的な声も見られる。

こうした指摘について、Optimismは送金について事前に連絡しなかったことを詫びており、今後は事前に報告すると加えている。

6月にOptimismは、デジタル資産のマーケットメイカー「Wintermute」との連携時に不備があり、2,000万OP(23.4億円相当)の不正流出を発生。その後、ハッカーとの交渉の末に、1,800万OPトークンを取り戻していた。

レイヤー2(L2)とは

「2層目」のブロックチェーンのこと。全ての取引履歴をメインチェーンに書き込むと負荷が大きくなり、処理速度の低下やネットワーク手数料の高騰につながる。そこで、取引履歴の一部をオフチェーンサイドチェーンに記載するようにすることでメインチェーンへの負荷軽減や処理速度向上を期待することができる。

▶️仮想通貨用語集

関連:イーサリアムL2「Optimism」のOPトークン、23億円相当が不正取得の被害に

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します