米司法省、破産したセルシウスの調査をめぐり独立検査官の任命を要請

セルシウスの事業体制について調査要請

米国政府の連邦管財官事務所は18日、暗号資産(仮想通貨)融資企業Celsius Network(セルシウスネットワーク)の破産申請に関して独立した検査官を任命するよう求める書類を裁判所に提出した。

連邦管財官は米司法省に所属し、管財人候補者のリストアップ、管財人の監督、債権者集会の招集など破産事件に関する管理行政を行っている。

管財官らは、調査を要請する理由として、仮想通貨通貨市場がまだ新しく、不透明で規制が行き届いていないことを挙げた。また、セルシウスの破産申請に関する事項も透明性に欠けるとして、次のように申し立てている。

債務者が保有する仮想通貨の種類や実際の価値、保有場所について、顧客、利害関係者、市民の間で真の理解が得られていない。

破産制度に対する国民の信頼を維持し、債権者および利害関係者が債務者(セルシウス)に抱く不信感を緩和するために、債務者のビジネスモデル、事業、投資、融資取引、顧客口座の性質について明確な方法で調査し報告する独立審査官が必要だ。

セルシウスは7月上旬に米国裁判所にて破産(チャプター11)を表明している。2022年2Q(4月〜6月)における相場の急落に伴い、顧客資産の入出金停止を表明した後、債務不履行に至っていた経緯がある。

営業、資本、リストラクチャリングといった支出を考慮すると、今年10月には財務状況がさらに悪化し、約53億円の赤字となることが予測されている。

関連破産申請のセルシウス、10月までに現金残高が底を尽く見込みか

米連邦破産法11条(チャプターイレブン)とは

日本の民事再生法に似た再建型の倒産法制度。経営を継続しながら負債の削減などを実施し、企業再建を行う。申請後に債権取り立てが停止され、債務者は負債の整理に取り組み、原則120日以内に再建プランを策定する。

▶️仮想通貨用語集

明確にすべき点を指摘

セルシウスに対しては、元従業員が7月に訴訟を起こしており、「トークンの価格変動に対し、適切なリスクヘッジを行っていなかった」などと訴えているところだ。

管財人らはこうした申し立てを踏まえた上で、セルシウスが未登録証券を提供していた疑惑もあるとしており、もしそれらが事実であれば「さらなる不正を露呈する可能性がある」としている。

また、セルシウスは第三者から融資を受けているが、この貸し手が誰であるか、何を担保としたか、どのように融資が行われたかを明確にしていないと指摘した。

さらに、「債務者の資本構成には、500万ドルを超える無担保債務が含まれている」とも述べ、セルシウスの「ビジネスモデルおよび運営、投資、融資取引、顧客口座の性質」を明らかにする公的な報告書は不可欠だと続けた。

債権者委員会は反対

一方で、セルシウスの無担保債権者委員会は、管財人らの要請に反対している。独立審査官を設けて調査することは、「セルシウスがコストを削減すべき時に、何百万もの費用を消費してしまう」と懸念する形だ。

無担保債権者委員会は、セルシウスのアカウント保有者と無担保債権者の資産を最大限に回復することを目標としている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します