国内大手取引所bitFlyer、イーサリアムPoWハードフォークに関する対応方針を表明

ETHPoW対応を検討へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerは22日、イーサリアム(ETH)の大型アップグレード「マージ(Merge)」に関する対応方針を発表した。

9月15日に見込まれているマージはイーサリアムのPoS(プルーフ・オブ・ステーク)移行を実装する大型イベント。現在のPoW(プルーフ・オブ・ワーク)からの変更を望まない層もいるため、ハードフォークの可能性が強まっている。

bitFlyerは分岐を伴うハードフォークが発生した場合に、誕生することが見込まれるETHPoWについて、状況に応じて「現物での付与、取り扱い、または現金の交付」を検討していく方針を表明した。

The Mergeとは

イーサリアムのコンセンサスアルゴリズムを「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」から「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」へ移行する大型アップグレードのこと。

アップグレード後もマイナーが採掘を続けることで、PoWとPoSをそれぞれ採用した2種類のイーサリアムが誕生する可能性があると注目が集まっている。

▶️仮想通貨用語集

ETHPoWの対応方針

既に海外では、多くの仮想通貨取引所がイーサリアムのハードフォークに関する対応方針を表明してきた。

BitMEXやPoloniexはETHPOW先物の提供を開始。バイナンスやFTX、OKXなどの大手取引所も新規トークンの取り扱いについては今後の状況を踏まえて今後の対応を決断していくと述べている。

関連: 「ETHPoW」最新情報まとめ|イーサリアムのマージ後にチェーン分岐の可能性浮上

ハードフォークとは

主にブロックチェーンのアップグレードを意味する言葉として利用される。前後で互換性を保てない仕様上、プロトコルルールに適応するためにすべてのノードが最新バージョンのソフトウェアにアップグレードする必要がある。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します