国内大手取引所コインチェック、ポルカドット(DOT)取り扱いへ

コインチェックでDOT上場

国内暗号資産(仮想通貨)取引所大手のコインチェックは23日、ポルカドット(DOT)の上場を行う方針を発表した。

DOTの取り扱い開始は9月1日を予定。仮想通貨の送金・受取・購入・売却、およびレンディング(貸暗号資産サービス)とつみたてサービスが対象となる。

ポルカドットとは

ポルカドットは、異なるブロックチェーンにおける相互運用性の実現を目指すプロジェクト。DOTは同ネットワークのネイティブトークンだ。

イーサリアムの共同設立者の一人であるGavin Wood博士を中心に、分散型ウェブ(Web3.0)の構築を目指している。イーサリアム(ETH)のスケーラビリティ問題解決を目指す「イーサリアム・キラー」としての呼び声が高い。

関連: 初心者でもわかるPolkadot(ポルカドット)|仕組みと将来性を解説

国内ではSBI VCトレードやbitbank、bitFlyerなどでもDOTの取り扱う取引所がある。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します