米コインベース、NEARの新規取扱を実施へ

NEAR上場へ

米最大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは9月1日、再び銘柄の新規取扱を発表した。

新たに取り扱う銘柄は、ニア(NEAR)。NEAR-USDとNEAR-USDTの通貨ペアとして、1日の9時(PT時間)以降取引を開始する予定だ。

コインベースがNEARの上場方針を発表したのは8月10日。ニア(Near Protocol)はブロックチェーンを活用し、ユーザーが自身のお金やデータなどを自ら管理できるエコシステムを構築しようと取り組んでいるプロジェクトである。ブロックチェーン「NEAR」はコンセンサスアルゴリズムに「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」を採用。複数のネットワークを活用して並行処理を行う「シャーディング」の仕組みを導入したレイヤー1のブロックチェーンだ。

また、コインベースは昨日、NEAR関連の銘柄Aurora(AURORA)およびMXC(MXC)の新規取扱も開始した。

関連米コインベース、2銘柄の新規取扱を実施へ

関連制裁準拠かステーキング事業停止か、コインベースCEOがPoS版イーサリアムへの葛藤示す

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します