バイナンス、ロシアへの寄付金を集めていた仮想通貨ウォレットを凍結

ウクライナ政府に協力して凍結か

暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、ロシア軍のために資金を集めていた銃製造業者の資産を凍結した。コインデスクが報じた。

具体的には、ロシアの銃製造業者Vladislav Lobaev氏のウォレットが凍結されたものである。Lobaev氏はロシア軍のために寄付を集めており、その一部は仮想通貨で調達していた。

ウクライナ政府も8月23日、「占領軍(ロシア軍)が軍事機器を購入するための資金を集めていた仮想通貨ユーザー」の資産をブロックすることができたと発表している。凍結された時点で、このアカウントには300万円(80万UAH)相当額以上が保管されていたとしている。

ウクライナ政府は、ウォレット所有者の名前は挙げていなかったが、Lobaev氏のテレグラム(SNS)チャンネルのスクリーンショットを掲載していた。

ウクライナ政府によると、Lobaev氏はソーシャルメディア上で、ロシア軍への資金援助の必要性について宣伝していた。また、定期的に写真やビデオコンテンツをアップロードしたり、仲間の活動家による宣伝文をシェアしたり、集めた資金の用途に関する報告を行ったりしていた格好だ。

Lobaev氏は、ロシアから武装支援を受けているウクライナ東部離脱地域、ドネツクおよびルハンスク人民共和国の軍隊のために装備を購入したと発表している。

ウクライナ当局はLobaev氏をテロリズムへの資金提供などの罪で訴えた。凍結されたウォレットの資金を没収する方法を検討しているとも説明している。

また、ウクライナ政府は「今回の凍結は、捜査当局が集めた証拠と海外の仮想通貨会社の協力により実施された」と述べた。

コインデスクの取材によると、Lobaev氏の息子Evgeny氏を名乗る人物は、Lobaev氏のバイナンスアカウントが凍結されていることを認めた。バイナンスはLobaev氏側に「アカウントを精査するために凍結した」とのメッセージを送っていたという。

Evgeny氏は、仮想通貨は寄付金の一部であり、他にロシアの法定通貨決済サービス「Yoomoney」とロシアの金融機関「Sberbank」の口座も利用していると答えた。

ブロックチェーンデータによると、Lobaev氏が資金調達に使っていたビットコイン(BTC)ウォレットは、4月下旬から6.4BTC(時価約1,800万円)以上を受け取っていた。さらに、イーサリアム(ETH)のウォレットでも3.25ETH(時価約70万円)、USDTのウォレットでも約12万円(840ドル)以上を受け取っていた。凍結時にはウォレットからほとんどの資金が引き出されており、最新の取引は7月下旬から8月14日の間に記録されていた格好だ。

バイナンスのコメント

バイナンスは次のようにコメントしている。

世界中のどの政府や法執行機関も、適切な法的権限を持っている場合は、その管轄区域のバイナンスユーザーに関して合法的な要求を行うことができる。

一方で、バイナンスはユーザーを保護し、法的に正当ではない、あるいは捜査方法に問題がある法執行機関の要請を拒否する権利も持っている。

バイナンスは4月より、欧州連合(EU)のロシア政府に対する経済制裁に準拠して、ロシア在住者などの取引口座を一部制限してきた。また、ウクライナ戦争が始まってから、ロシア高官の親族に関連する複数の口座を閉鎖してきたとも述べている。

関連バイナンス、ロシア高官関連の口座閉鎖を報告 制裁対応で

バイナンスとは

取引高・登録者数が非常に多く、世界的に有名な暗号資産取引所。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します