米コインベース、自己勘定取引疑惑を否定 WSJ報道に反論

ウォール・ストリートジャーナルの主張

ウォール・ストリートジャーナル(WSJ)紙は22日、米暗号資産(仮想通貨)最大手のコインベースが熟練したトレーダーを雇用し、利益を得るために142億円(1億ドル)規模の投機的な自己勘定取引を行っていたと報道した。事情に詳しい複数の関係者の話として伝えた。

同紙によると、コインベースは昨年7月、新たなビジネスを開拓するため、ウォール街のベテラントレーダー4人を雇用し、自社資金を仮想通貨に投資する「コインベース・リスク・ソリューションズ(CRS)」部門を設立。関係者はCRSの活動を「自己勘定取引」と表現した上で、CRSチームは今年初めに完了した1億ドルの取引を「新しい取り組みの試験と見なしていた」と述べたという。

さらに関係者の話によると、新たな取引事業について、従業員が社内で情報共有したり、議論することは禁じられた。その後、社内で自己勘定取引について検討する動きがあったものの、断念する結果となり、雇用されていた多くのトレーダーが同社を去ったという。

WSJは、この取引が行われる前の昨年12月に、コインベース・グローバルのAlesia Hass最高財務責任者が、米国議会で自己勘定取引を行なっていないと証言したと指摘し、問題視している。

なお、投機的取引を制限する規則は、銀行ではないコインベースのような企業には適用されないため、コインベースの行為自体は違法ではないという。一方、投資リスク及び顧客との利益相反につながる可能性から、規制当局や政治家は投機的活動に対して懸念していると付け加えた。

関連:米下院で仮想通貨関連公聴会 コインベースやFTXの幹部が出席へ

コインベースが反論

コインベースは同日、公式ブログでWSJに対する反論を展開。「WSJは顧客主導の活動を、自己勘定取引と混同している」と批判した。

コインベースは「多くの競合他社とは異なり、自己勘定取引事業及び、マーケットメーカーとしての活動は行なっていない」と主張。機関投資家向けの取引プラットフォームは、エージェンシー取引のみを行なっているため、同社と顧客のインセンティブは「設計上一致している」と述べた。

エージェンシー取引とは

エージェンシー取引とは、委託売買とも言われ、証券会社が投資家から委託された注文を取引所に取り次ぎ、売買を成立させる取引のこと。(参照:野村證券)

▶️仮想通貨用語集

一方、自社の財務及び業務目的のため、時折自社資金で仮想通貨の購入を行なっていることに言及。しかしその購入目的は、短期的な価格上昇により利益を得るためではないことから、自己勘定取引とは見做していないと説明した。

また、問題視されたCRSの目標は「Web3への機関投資家の参加拡大」であり、仮想通貨投資に不慣れな投資家のために、リスク管理やプロトコルへの参加を支援するサービスを提供しているという。そのため、「利益相反を管理するよう設計されたツールとポリシー」が導入されていると強調した。

関連:コインベース、オランダ中央銀行に登録

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します