CoinPostで今最も読まれています

Astar Network(ASTR)とbitbank、エコシステム拡大で協議開始

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Astar Networkの発展を支援する取り組み

⽇本発のパブリックブロックチェーンAstar Network(ASTR)と暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するビットバンク株式会社は5日、Astar Networkエコシステムの発展を支援する取り組みについて協議を開始したことを発表した。

主に以下の分野で取り組んでいく予定だと語った。

  • イーサリアムバーチャルマシーン(EVM)への対応
  • Astar上のERC20規格トークンへの対応
  • Astarエコシステム上のプロジェクトトークンの取扱
  • Astarエコシステムや開発者に対する支援

EVMとは

スマートコントラクトを実行するための「翻訳機」。イーサリアムクライアントのネットワークに保持されるステートマシン(入力条件と現在の状態によって次の状態が決まる論理回路)であり、ブロック生成の度にトランザクションやスマートコントラクトを実行してネットワークの状態を計算する役割を担う。

▶️仮想通貨用語集

ビットバンクは9月26日に、日本の取引所としては初めて、Astar Networkのネイティブトークン「ASTR」を上場したところだ。これを受けて、Astar Networkの渡辺CEOは「日本の企業がASTRトークンの購入、売却がしやすくなったこと」は大きいとして、次のように述べている。

これからAstar上でアプリやユースケースを展開する大企業やスタートアップがAstarトークンを使用してユースケースが作れることができるようになったことで、より多くの企業がAstarエコシステムに参入してくることを期待していますし、そのような企業さんを我々はサポートさせていただきたいと考えています。

日本企業との連携やコラボレーションを行っていくことや、Astar/Shidenでサービスや事業を開発するプロジェクト向けの調査・研究・協力組織「Astar Japan Lab」を11月末頃より本格稼働する予定であることにも触れている。

Aster Networkは、「dApps(分散型アプリ)ハブ」を目指すポルカドット(DOT)のパラチェーンのひとつだ。ASTRトークンは、dAppsステーキングやトランザクション手数料の支払い、ガバナンス投票などに使用することができる。

国内展開を強化

Astar Networkはすでに、日本国内での展開を広げつつあり、様々な企業との提携を開始している。

9月28日には、Web3(分散型ウェブ)ディベロップメントカンパニーのGinco株式会社との提携を発表。Gincoは、Aster Networkに対して、企業向けカストディソリューション「Ginco Enterprise Wallet」の提供と開発支援を行い、エコシステムの拡大を支援していく。

大手企業との提携事例もある。SMBC日興証券株式会社は9月27日、「Astar Japan Lab」に参加することを公表。

さらに、広告大手の博報堂も同日、Astar Network開発元Stake Technologiesと、ジョイントベンチャーを設立することを明かした。新会社では、企業のWeb3参入と普及を目指すための取り組みが実施される予定だ。

その他に文化芸術分野でも活用され始めている。「ファイナルファンタジー」のキャラクターデザイン等で知られる世界的アーティスト天野喜孝氏は9月29日、Astar Networkの分散型ネットワークを使用したWeb3プロジェクトを発足すると発表した。

関連FFシリーズ等を手掛ける世界的アーティスト天野喜孝氏、Astar NetworkでWeb3プロジェクトを始動

また、オンライン演劇動画配信サービス「観劇三昧」を運営している株式会社ネクステージは3日、Astar Japan Labに入会したと公表。オンライン観劇サービスにWeb3やメタバースの技術を取り入れ、新しい演劇の楽しみ方を提案していくと説明している。

渡辺創太CEOは、Web3に関する有識者としても活動しており、4月には自民党の河野太郎 広報本部長(当時)、平将明 ネットメディア局長と対談。Web3の可能性や、ガバナンストークンへの時価評価課税など日本の仮想通貨関連制度の課題などを語っている。

関連Astar Network、国内での連携強化を進める|動向まとめ

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/25 木曜日
05:50
ハリス米副大統領、「ビットコイン2024」に登壇しないことに
ハリス米副大統領は、25〜27日に米ナッシュビルで開催予定の大型カンファレンス「ビットコイン2024」に登壇しない結果となった。
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。
18:00
マウントゴックス、24日昼にも巨額ビットコインを送金
マウントゴックスが24日13時に巨額の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを送金。債権者への弁済の一環とみられ、クラーケンとビットスタンプでの手続きが進行中。
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア