香港市民の23%:金融危機を避けるため、仮想通貨購入を検討

Yahoo!Financeの調査によれば、約23%の香港市民は、一年内で起こり得るとされる金融危機を回避するために、仮想通貨に投資すると考えているようだ。

その金融危機とは、最近米中間で始まった貿易戦争が及ぼす経済危機のことで、これの発生を信じる回答者は46%もいる。

もう一つの要因は、今年のBTC市場におけるボラティリティの原則によるもの。

更に、若年層が仮想通貨に興味を示しているという。

CoinPostの関連記事

「管理・監査・保険」高まる仮想通貨カストディ需要の中、香港投資会社が機関投資家向けにサービス開始へ
香港基盤で富裕層を対象としたファミリー・オフィス・サービスを提供するFusang Investment Officeは、富裕層顧客や機関投資家に向けた仮想通貨管理サービスを提供することを発表した。2018年第4四半期に公開される予定。
香港政府:ビットコインは金融犯罪に大きな影響を与えていない
香港政府は、資金洗浄及び、テロ経済支援リスク評価の年次報告書にて、仮想通貨に対する顧客の関心の高まりは、金融犯罪のリスクに直接的な影響を及ぼしていないことを明らかにしました。ビットコインへの否定的イメージが先行しすぎているのかもしれません。
▶️速報ニュース一覧へ戻る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加