CoinPostで今最も読まれています

アートの分散型保有権をNFT化したプラットフォーム「STRAYM」が大幅アップデート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

NFT化されたオーナー権

ストレイム アート アンド カルチャー株式会社は、NFT(非代替性トークン)分散型保有プラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」の大規模アップデートで、Web3時代のアート流通を実現することを発表した。

アップデートでは、新たに「オーナー権NFT」が追加された。

オーナー権NFT

「STRAYM」は、2019年12月にローンチされたプラットフォーム。英国を拠点とする素性不明の人気アーティスト「バンクシー」や米国の芸術家「アンディー・ウォーホール(Andy Warhol)」など、世界的に名の知れた美術品に関するNFTを展開。

常に新しいアートの楽しみ方を提案し、アートマーケットを再構築することで、「より創造的な社会」「アートで楽しくなる世界」の実現を目指している。

今回のアップグレードでは、独自開発するブロックチェーン・スマートコントラクト「Fractional STRAYM Ownership Protocol(FSOP)」によって、分割オーナー権証明書をNFT化。これにより、複数のオーナーに分散できると同時に、高い改ざん耐性を備えた”権利証明”ができるようになった。

オーナー権とは各アート作品ごとに分割された”共同持分の単位”のこと。オーナー権NFTは、ユーザー間で売買することが可能なほか、2次流通市場(ストレイム内だけなく、他のNFTマーケットプレイスでも2次流通が可能)での転売時には、売買手数料の一部がロイヤリティとしてアーティストに分配されるため、創作活動を持続的に支えることにも繋がる。

分散型保有権のイメージ

これまで、人気作品のNFT価格は高額化する傾向にあったが、分割オーナー権によって、1人あたりの購入価格が抑えられる仕組み。ストレイム社はそのメリットについて、「一人では不可能だったことでも、”共助”の仕組みでスマートに楽しむことが可能になる」と説明している。

「STRAYM」は、2022年10月時点で、約60万超のオーナー権の販売を達成している。

また、オーナー権の累計購入額に応じたステータスによって、VIPプログラムに参加することができる特典も用意されている。

VIPプログラムは、「Supporter, Explorer, Backer Contributor, Patron, Partner, Benefactor」の7段階に定められており、各種VIPプログラムへのアクセスが可能となる。

少額からでも気軽に保有

また、すべてのアートNFTの公開価格は、最低100円から。入会金・年会費は無料で、取引手数料は売買価格の5%のみだ。

アート作品の維持管理にかかるコストは、STRAYMが一括負担する形式で、分割保有した作品は、年会費など一切かからずに無料で楽しむことができる。

なお、ひとつのNFT保有権を買い進めることで、最終的に一定割合で全保有権を買い取ることもできる。買い取った場合は、NFT作品を「STRAYM」以外のプラットフォームでも使用可能となるほか、現物のアート作品を受け取ることができる。

作品の価値が高まれば資産が増加して、経済的なメリットを受けられる可能性もある。

なお、今回のアップデートでは、従来の日本円払いだけでなく、暗号資産イーサリアムでの決済も行えるようになる。最も普及するデジタルウォレット「メタマスク」を通したログインによって支払いが可能となり、その場合は追加の本人確認書類の提出は求められない。

アート作品の保管場所は、大手倉庫業者の「寺田倉庫」をはじめ、安全な展示及び保管場所として認められる倉庫などの適切な環境かつ厳重に保管される。

公式サイトでは、今後のロードマップも公開されており、2022年4Q(23年1月~3月)には、ホワイトリスト(事前販売権)セールや、NFT発行機能が導入される予定。2023年1Q(4月~6月)には、トークン経済の実装も構想されている。

出典:STRAYM ART AND CULTURE INC.

STRAYMの取引ガイド

STRAYMのはじめ方は、次の通り。

  1. ウォレット接続
  2. 大手NFTマーケットプレイスのOpenSeaなど同様、暗号資産(仮想通貨)のデジタルウォレットとして有名なメタマスクなどで簡単に接続可能。

  3. プロフィール作成
  4. プロフィール画面では、カバー画像やSNSのURLなどを自由に設定可能。

  5. オーナー権購入
  6. オーナー権は1枠からでも購入できる。日本円(銀行振込とクレジットカードにも対応している)やイーサリアムで決済可能。

  7. ポートフォリオ作成
  8. オーナー権を購入したら、マイページのポートフォリオで、取引履歴や保有データなど細かくチェックできる。

STRAYM

アカウントの作成方法

「STRAYM」でのアカウント作成は、OpenSeaのような他のNFTマーケットプレイスと同じく、メタマスクに接続するだけで手軽に行える。

FacebookやGoogleアカウントを使ったログインも可能で、登録後はNFT購入などが可能になるほか、先行販売の情報やイベントの告知などを受け取り可能だ。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧