CoinPostで今最も読まれています

アートの分散型保有権をNFT化したプラットフォーム「STRAYM」が大幅アップデート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

NFT化されたオーナー権

ストレイム アート アンド カルチャー株式会社は、NFT(非代替性トークン)分散型保有プラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」の大規模アップデートで、Web3時代のアート流通を実現することを発表した。

アップデートでは、新たに「オーナー権NFT」が追加された。

オーナー権NFT

「STRAYM」は、2019年12月にローンチされたプラットフォーム。英国を拠点とする素性不明の人気アーティスト「バンクシー」や米国の芸術家「アンディー・ウォーホール(Andy Warhol)」など、世界的に名の知れた美術品に関するNFTを展開。

常に新しいアートの楽しみ方を提案し、アートマーケットを再構築することで、「より創造的な社会」「アートで楽しくなる世界」の実現を目指している。

今回のアップグレードでは、独自開発するブロックチェーン・スマートコントラクト「Fractional STRAYM Ownership Protocol(FSOP)」によって、分割オーナー権証明書をNFT化。これにより、複数のオーナーに分散できると同時に、高い改ざん耐性を備えた”権利証明”ができるようになった。

オーナー権とは各アート作品ごとに分割された”共同持分の単位”のこと。オーナー権NFTは、ユーザー間で売買することが可能なほか、2次流通市場(ストレイム内だけなく、他のNFTマーケットプレイスでも2次流通が可能)での転売時には、売買手数料の一部がロイヤリティとしてアーティストに分配されるため、創作活動を持続的に支えることにも繋がる。

分散型保有権のイメージ

これまで、人気作品のNFT価格は高額化する傾向にあったが、分割オーナー権によって、1人あたりの購入価格が抑えられる仕組み。ストレイム社はそのメリットについて、「一人では不可能だったことでも、”共助”の仕組みでスマートに楽しむことが可能になる」と説明している。

「STRAYM」は、2022年10月時点で、約60万超のオーナー権の販売を達成している。

また、オーナー権の累計購入額に応じたステータスによって、VIPプログラムに参加することができる特典も用意されている。

VIPプログラムは、「Supporter, Explorer, Backer Contributor, Patron, Partner, Benefactor」の7段階に定められており、各種VIPプログラムへのアクセスが可能となる。

少額からでも気軽に保有

また、すべてのアートNFTの公開価格は、最低100円から。入会金・年会費は無料で、取引手数料は売買価格の5%のみだ。

アート作品の維持管理にかかるコストは、STRAYMが一括負担する形式で、分割保有した作品は、年会費など一切かからずに無料で楽しむことができる。

なお、ひとつのNFT保有権を買い進めることで、最終的に一定割合で全保有権を買い取ることもできる。買い取った場合は、NFT作品を「STRAYM」以外のプラットフォームでも使用可能となるほか、現物のアート作品を受け取ることができる。

作品の価値が高まれば資産が増加して、経済的なメリットを受けられる可能性もある。

なお、今回のアップデートでは、従来の日本円払いだけでなく、暗号資産イーサリアムでの決済も行えるようになる。最も普及するデジタルウォレット「メタマスク」を通したログインによって支払いが可能となり、その場合は追加の本人確認書類の提出は求められない。

アート作品の保管場所は、大手倉庫業者の「寺田倉庫」をはじめ、安全な展示及び保管場所として認められる倉庫などの適切な環境かつ厳重に保管される。

公式サイトでは、今後のロードマップも公開されており、2022年4Q(23年1月~3月)には、ホワイトリスト(事前販売権)セールや、NFT発行機能が導入される予定。2023年1Q(4月~6月)には、トークン経済の実装も構想されている。

出典:STRAYM ART AND CULTURE INC.

STRAYMの取引ガイド

STRAYMのはじめ方は、次の通り。

  1. ウォレット接続
  2. 大手NFTマーケットプレイスのOpenSeaなど同様、暗号資産(仮想通貨)のデジタルウォレットとして有名なメタマスクなどで簡単に接続可能。

  3. プロフィール作成
  4. プロフィール画面では、カバー画像やSNSのURLなどを自由に設定可能。

  5. オーナー権購入
  6. オーナー権は1枠からでも購入できる。日本円(銀行振込とクレジットカードにも対応している)やイーサリアムで決済可能。

  7. ポートフォリオ作成
  8. オーナー権を購入したら、マイページのポートフォリオで、取引履歴や保有データなど細かくチェックできる。

STRAYM

アカウントの作成方法

「STRAYM」でのアカウント作成は、OpenSeaのような他のNFTマーケットプレイスと同じく、メタマスクに接続するだけで手軽に行える。

FacebookやGoogleアカウントを使ったログインも可能で、登録後はNFT購入などが可能になるほか、先行販売の情報やイベントの告知などを受け取り可能だ。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/13 木曜日
10:15
中国の習近平主席、ブロックチェーン「Conflux Network」開発者を称賛
中国の習近平国家主席はL1ブロックチェーン「Conflux Network」の主任研究員であるヤオ氏に称賛の手紙を送った。
09:35
テレグラムの「タップして稼ぐ」ゲームPixelverse、8.6億円調達
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは、事業拡大のために550万ドルを調達した。Notcoinが5月に大型のトークンエアドロップを実施し、テレグラムtap-to-earnゲームへの需要を大きく高めている。
08:05
バイデン米大統領も選挙キャンペーンで仮想通貨寄付の受け付けを検討か
ジョー・バイデン米大統領の選挙キャンペーンチームは、コインベース・コマースを通じて仮想通貨による寄付を受け入れることを検討しているようだ。
08:00
Glassnode、BTC価格と現物ETFの関係を分析
仮想通貨ビットコインの価格上昇には現物ETFの純粋な買い需要が必要な可能性があるとGlassnodeが分析。同様の見方は市場関係者からも上がっている。
07:30
メタマスク、イーサリアムの少額ステーキング機能をリリース
これまで、イーサリアムブロックチェーンで最低限必要とされる32ETH(1,780万円)以上を持っているユーザーだけが、Consensys社が運営するバリデータにネイティブにステークすることができたが、新機能では少額でもステーキングが可能となった。
07:05
ソラナラボ、顧客ロイヤルティ「Bond」を発表
Solana Labs社は、ブロックチェーン上で顧客ロイヤルティプログラムの立ち上げを検討している企業向けに、専用プラットフォーム「Bond」をローンチした。
06:15
ビットコイン反落、CPI鈍化もFRBが年内1回の利下げを示唆
仮想通貨ビットコインは12日夜発表の米5月CPIの弱いデータを受け、一時7万ドル手前まで急騰したが、13日早朝のFOMCでの今年の利下げ回数に関する予想を受け売られ再び68,000ドル台に落ち込んだ。
06/12 水曜日
18:42
OP Mainnet、ステージ1にランクアップ - Fault Proof実装でL2をリード
OP Mainnetがステージ1に到達し、Fault Proofを実装してセキュリティを強化しました。イーサリアムL2の中でもステージ2獲得に向けて一歩リードしている状況
18:11
バイナンス、アルトコイン5銘柄(通貨ペア)を6月14日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン5銘柄(5つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月14日 UTC3:00(日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
16:40
WebX2024、最大55%OFFの超早割チケット販売終了まであと2日
国内最大手暗号資産(仮想通貨)メディアCoinPostが企画・運営するWeb3カンファレンス「WebX2024」。超早期割のセール期限まであと2日。
16:09
Animoca Brands JapanがNFTローンチパッド「SORAH」を開始へ キャプ翼NFTなど発売
Animoca Brands JapanがNFTローンチパッド「SORAH」を2024年6月18日に開始。第一弾は『Captain Tsubasa Team Collection』など3つのコレクションを発売予定。NFT初心者も安心のインターフェース採用。
13:55
EUイノベーションハブ報告書、匿名銘柄や仮想通貨ミキサーで犯罪捜査が困難に
欧州連合域内安全保障イノベーションハブは、初の暗号化レポートを公開。暗仮想通貨に関するセクションでは、犯罪収益のマネロンに仮想通貨が広く使用されていると指摘し、ゼロ知識証明とレイヤー2ソリューションが普及すると、資金の追跡がより困難になると懸念を表明した。
13:20
韓国ビッサム、仮想通貨「ICP」新規上場予定
リスティングの対象仮想通貨銘柄は、DFINITYの「ICP(インターネット・コンピューター)」で、韓国ウォンとの通貨ペアで韓国時間12日17時より提供を始める。
13:05
リップル社、スタンダード・カストディの買収完了 米ドルステーブルコイン発行へ
米リップル社は、スタンダード・カストディの買収を完了したと発表した。今年後半に米ドル建てステーブルコインの発行を目指す。
12:10
ビットコイン66000ドルまで続落、CPIとFOMCを間近に控えリスク回避売り先行か
暗号資産(仮想通貨)相場では、重要指標のCPIとFOMC及びパウエル議長記者会見を控える中、ビットコインは66000ドルまで続落した。リスク回避売りが先行しており、アルト相場からの資金抜けが目立つ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア