仮想通貨を悪用した「犯罪・違法率」が、5年間で90%から10%に激減

ブルームバーグ紙によると、米国麻薬取締局のLilita Infante特別捜査員は、ビットコイン(BTC)という単語が犯罪捜査資料に記された5年前から、ブロックチェーン・仮想通貨を悪用した犯罪・違法率が、90%から10%に激減していることを明かしました。

その一方で、市場規模の拡大に伴い、取引所のハッキングなどによる被害額は増加しており、違法行為によるBTCの取引高は、2013年から年々大きく上昇しているとされます。

Infante氏は、「昨今に膨れ上がったBTC取引は、主に投機需要によるものだ。」と付け加え、数年前に摘発されたダークウェブ”シルクロード”の事例のように、BTCが犯罪者に悪用される道具に過ぎないといった、過去における不名誉な先入観を覆しつつあることを示唆しました。

また、MoneroやZcashのような”真の匿名通貨”に対しても、Infante捜査員は、「我々は、それらを追跡する手段を持っている」と自信を見せており、「むしろ、犯罪者にブロックチェーンと仮想通貨を使ってほしい」と、挑戦的な態度を見せつけました。

CoinPostの関連記事

香港政府:ビットコインは金融犯罪に大きな影響を与えていない
香港政府は、資金洗浄及び、テロ経済支援リスク評価の年次報告書にて、仮想通貨に対する顧客の関心の高まりは、金融犯罪のリスクに直接的な影響を及ぼしていないことを明らかにしました。ビットコインへの否定的イメージが先行しすぎているのかもしれません。
詐欺目的で6つの仮想通貨取引所を運営|ウクライナ警察が容疑者4人を逮捕
ウクライナ警察は、少なくとも6つの詐欺仮想通貨取引所サイトを運営していたとされる容疑者4人を逮捕した。架空レビューの掲載した上、独自のコンテンツ管理システムを開発。複数の通貨対応を行うなど巧妙な手口だった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら