EOSに米ドル連動通貨?今年中にローンチか

クロスブロックチェーン決済を提供を目的としたブロックチェーンスタートアップは、既存のEOSネットワークに米ドル連動通貨を導入する予定を発表。

オーストラリアベースの”Havven”と呼ばれるプロジェクトは、6月にイーサリアムのメインネット上にローンチされた米ドル連動通貨”nUSD”というstablecoin をEOS上に発行する予定だと発表した。

このプロジェクトは、根本的にイーサリアムからEOSに切り替えするのではなく、両ネットワーク上で米ドル連動通貨をそれぞれに発行することを目標としているという。

CoinPostの関連記事

仮想通貨開発格付けDPレーティング|同率1位にETH、EOS、LISKなど7プロジェクト
調査格付け機関DPレーティング社が、仮想通貨のトークン開発活動監査の最新レポートを発表。イーサリアム、イオス、カルダノ、トロン、リスク等が、同率首位の評価を獲得した。
中国が第3回「ブロックチェーン格付け」を発表|EOSが連続1位、ビットコインは16位
ブロックチェーンプロジェクトを専門家が評価する中国のランキング最新版。EOSが2ヶ月連続で1位を獲得した他、Dapps検索エンジンのNebulasが3位、データ取引所のGXChainが初登場で4位にランクイン。
▶️本日の速報をチェック


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら