英国規制当局:仮想通貨取引プラットフォーム会社を警告

火曜日、英国の金融行動監視機構(FCA)は、仮想通貨取引プラットフォームを提供しているFair Oaks Cryptoが”英国民に対し詐欺を行う”ため、FCAの認可を申請しているクローン会社であると警告した。

英国規制当局によると、同国内の金融サービスを提供しているすべての企業や個人は、FCAの承認か登録が必要となる。

Fair Oaks Cryptoは、企業名、企業参照番号、資産管理などアドバイザリー・サービスプロバイダーがFair Oaks Capitalであると主張しているが、全く関係はないとのこと。

詐欺師たちは登録済み企業の情報と掛け合わせて巧みに詐欺を行う可能性があるため、FCAは警告を促している。

Crypto Trading Platform Claims Fake Authorization, UK Regulator Warns

CoinPostのおすすめ記事

リップル(XRP)とライトコイン(LTC)が2018年最安値更新|仮想通貨市場の急落の影響で底値抜け
SECが現在最も注目されていたビットコインETFの可否判断日程を45日延長させたことで、市場全体の価格が急落。主要アルトコインの中には、長期的に割ることがなかった底値を割る通貨が確認された。
米トランプ大統領の元主席経済顧問 「仮想通貨が”新世界の扉”を開くには、さらなる実用性が必要だ」
トランプ大統領の元側近でGS元CEOのGary Cohn氏は「仮想通貨は価値の保存という実用性だけでは不十分で、さらなる実用性が必要」と指摘。仮想通貨に対する価値観を語った。
▶️本日の速報をチェック

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加