CoinPostで今最も読まれています

「全責任は私に」米メタ社のザッカーバーグCEOが1万人超の解雇を発表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

全従業員の13%を削減

米メタ(旧フェイスブック)社は9日、全従業員の約13%にあたる1万1,000人超の解雇を発表した。

マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者は社員に向けたメッセージで、今回の大規模な人員削減を「メタの歴史の中で最も困難な変化」と形容。直接影響を受けた社員に対して特に申し訳なく思っていると述べた。

ザッカーバーグ氏は人員削減に踏み切らざるを得なくなった理由として、経営判断を誤った責任を認め、以下のように説明した。

  1. コロナ禍の急速なオンライン化とeコマース急増により収益が大幅増
  2. 成長は加速度的に続くと予測し、大幅な投資増額を決断
  3. eコマースはパンデミック前のトレンドに回帰する一方で競争激化。広告収入減少で予想を大幅に下回る収益に

メタ社の9月末時点の従業員数は約8万7,000人。コロナ禍でオンライン活動が拡大し、急成長した同社は、2020年と2021年には合わせて2万7,000人、今年1月から9月までの9ヶ月間でさらに1万5,000人を超える従業員を新規に雇用していた。同社の従業員数は3年弱で倍増したことになる。

同社の中核事業であるソーシャルメディア部門は、米アップルによるプライバシー規制の強化や、動画アプリTickTokとの競争激化、企業広告予算の減少などにより、成長が停滞。一方、ザッカーバーグ氏が企業戦略として押し進めるメタバース部門は巨額の損失を積み重ねている。

ザッカーバーグ氏によると、厳しい財政状況の中、予算削減、福利厚生や不動産の縮小など事業全体のコスト削減を行い、チームの再編成などの対策も実施したが、収支の改善には不十分なため解雇という「苦渋の決断」に至ったという。

関連:巨額損失続く米メタ社、今週中に数千人規模の人員削減を計画か=報道

ビデオメッセージも

ザッカーバーグ氏は社員へのビデオメッセージ(解雇された社員が米NBCニュースに提供)で、大量解雇の決断に対する全責任は自身にあると発言。「私は創業者でありCEOだ。会社の健全性と方向性に責任を持ち、今回のようなことも含めて、その実行方法を決定するのは私であり、これは最終的に私の決断だった。」と述べた。

しかし、多くの社員の生活と同社のミッションに大きな影響を及ぼす、今回の決断は「18年間傾斜を経営してきた中で最も難しい決断の一つ」だったと強調。そして「何十億もの人々がつながるために使う製品」に貢献する役割を担い、メタ社の成功に一役買ってきた社員に感謝の意を表した。

ザッカーバーグ氏によると、影響を受けた従業員には、基本給16週間(4ヶ月)分と勤続1年ごとに追加で2週間分の給与が、退職金として支給される。

効率的なインフラ投資にシフト

ザッカーバーグ氏は来年第1四半期まで新規雇用を凍結するとともに、インフラ支出の徹底的な見直しを行うと述べた。その中にはメタバース部門である「Reality Labs」とSNS事業を担う「Family of Apps」の人員削減も含まれる。

インフラは今後もメタ社にとって重要な強みとなるため、AIのインフラ構築は継続しつつ、効率的な生産能力確保に努めるという。メタ社の株価は年初来70%以上も下落しており、赤字が続くメタバース関連事業への巨額の投資は、一部の投資家から批判の声が上がっていた。

ポンプリアーノ氏の見解

暗号資産(仮想通貨)投資運用会社「モルガン・クリーク・デジタル」の共同創業者であるアンソニー・ポンプリアーノ氏は、「混乱と不確実性」に満ちたこの1週間を「大パンデミックバブルがはじけている」状況だと説明した。

9日の投資家向けニュースレターでポンプリアーノ氏は、ツイッターをはじめとする、相次ぐテクノロジー企業の大規模な人員削減に言及。ツイッターの元CEOジャック・ドーシー氏が、急速で行きすぎた会社の規模拡大について責任を認め、謝罪するツイートを紹介した。

また、Stripeの創業者のパトリック・コリソン氏が「二つの非常に重大な間違いを犯した」と認める文面も紹介した。間違いの一つは、2022年〜2023年のインターネット経済の成長を楽観視しすぎ、成長が減速する可能性と影響について過小評価したこと。二つ目は営業費用の拡大を急速に進めすぎた結果、非効率な業務運営が浸透したことだという。

ポンプリアーノ氏は、資産バブルに関して1年で大きく変化した現在の状況を、これまで犯した罪を償っているのようなものだとして、以下のように総括した。

今日の問題の多くは、金融システムにあまりにも多くの資金が流れ込み、起業家たちが次に何が起こるかを予測したり、計画することができなかったために生まれたものだ。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。
12:11
ビットコイン67000ドル台で推移、ブラックロックETFへの資金流入は今年3月以来の最大規模に
SECが暗号資産(仮想通貨)イーサリアムETFの最終承認を行う中、ブラックロックのETF「iShares Bitcoin Trust(IBIT)」への資金流入は4ヶ月ぶりの規模に膨らんだ。ビットコイン・カンファレンス開催でのトランプ大統領の発言にも注目が集まる。
11:20
Ondoの米国債担保ステーブルコインUSDY、Cosmosエコシステムに展開
資産トークン化企業Ondo Financeは22日、米国債担保のステーブルコインOndo US Dollar Yield(USDY)をCosmosエコシステムに展開した。
11:02
デジタルアセットマーケッツ、RWAトークンを世界展開へ
RWAトークンのグローバル展開を推進するため、デジタルアセットマーケッツが韓国のWeb3企業CREDERと提携。CREDERは、RWAのトークン化を専門とする企業である。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア