CoinPostで今最も読まれています

米SEC、3月にFTXへのノーアクションレター発行を拒否

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

FTX、SECと3月に会合

破産申請した暗号資産(仮想通貨)取引所FTXの元CEOであるSam Bankman-Fried(サム・バンクマンフリード)氏らは今年の3月23日、米証券取引委員会(SEC)にノーアクションレターについて相談していた。SECはノーアクションレター発行を認めることはなかった。

ノーアクションレターとは、規制当局と企業などの間で行われる手続きの一つである。企業の行う活動が既存の法律や当局の提示する規則に従う限りで、特定の活動に対して強制措置を取らないことを書面で約束するものだ。

法的拘束力はないものの、企業はSECによる法的措置の可能性を事前に排除することが可能であり、SECからの助言を受ける機会ともなる。

3月23日に行われたSECとのミーティングには、Bankman-Fried元CEOの他、FTXの顧問弁護士Ryne Miller氏、FTX USの政策・規制戦略責任者Mark Wetjen氏が参加。証券取引所IEXの幹部もFTXと同席している。SEC側からは、上級スタッフ2名が出席した。

会議メモによると、SECと2社は、ノーアクションレターの他に「デジタル資産証券の保管に関連するリスクを含む、特別目的ブローカーディーラーによるデジタル資産証券の保管」についても議論していた形だ。

SECとは

1934年設立。公正な取引の確保と投資家保護を目的としており、インサイダー取引や企業の不正会計、相場操縦などを防止する。仮想通貨が有価証券に該当するかという判断も行う。SECは「Securities and Exchange Commission」の略で、日本では「証券取引等監視委員会」が近い役割を担っている。

▶️仮想通貨用語集

IEXからは、Brad Katsuyama共同創設者兼CEOを含め、4人の幹部が出席した。

IEXは米国法の下で証券取引所を運営している企業だ。4月には、米国版FTXと提携して、デジタル資産の証券を取引できる市場を構築していくとしていた。IEXはSECにも登録されている従来型の証券取引所を運営している。

SECとの会合に疑念の声も

2社とSECの会合については、一部から疑念の声が上がっていた。例えば、Tom Emmer議員は、SECのGary Gensler委員長が、FTXと「規制独占のための法的抜け道」を作っている可能性があると発言していた。

一方で、IEXは、実際にはSECが2社にノーアクションレターを認めることはなかったと明かした。その上でIEXの広報担当者は次のように説明している。

私たちは、デジタル資産証券分野に適用されるべき規制についてのSECの見解をよりよく理解するためにミーティングを開いた。

私たちは、特別な扱いを受けることを求めたことは一度もない。またSECも、ある団体を特別に扱うことができるなどと示唆したことはない。

また、金融規制を推進する非営利団体「Healthy Markets」の代表で、元SEC委員の側近を務めていた経験もあるTyler Gellasch氏も、SECと企業の会合はよくあることだと意見した。

「誰かがSECを訪れて、ノーアクションレターを求めることは珍しくない」と述べている。どちらかと言えば、仮想通貨業界の関係者が、より好意的な規制当局である米商品先物取引委員会(CFTC)ではなく、SECと会談した点が珍しいと続けた。

サム元CEOによる規制提案

SECのGensler委員長は9日、FTXのSam元CEOも支持していた「デジタル商品消費者保護法」については、SECの基準に合格しないもので、証券法を損なう恐れがあるとコメントした。この法案は上院の農業委員会に提出されている。

Sam氏は、FTXが破綻する以前は仮想通貨規制について積極的に提案を行っていた。10月には、「考えられるデジタル資産業界標準」と題した仮想通貨の規制草案を公開し、その内容について意見を募っている。皮肉なことに、米国政府の完全な規制体制が整うまでの間、顧客を保護するための事項を提案するものだった。

関連FTXサムCEOが提唱した仮想通貨規制草案に反論相次ぐ

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。
12:23
50000ドル台で揉み合うビットコイン、イーサリアム先物市場に過熱感も
暗号資産(仮想通貨)市場では半減期を控えるビットコインが50000ドル台で一服。続伸中のイーサリアムは先物市場のOI(未決済建玉)に過熱感も見受けられる。
11:30
スタートアップ育成のY Combinator、ステーブルコインへの取り組み推奨
Y Combinatorはスタートアップ企業への推奨分野を発表。「ステーブルコインを使った金融」にも巨大なチャンスがあると述べている。
10:00
仮想通貨投資商品、1週間で約3,700億円の純資金流入を記録ーCoinShares
CoinSharesによると、仮想通貨投資商品への1週間の資金流入額が急増。約3,680億円となった。ビットコイン現物ETFが牽引したとみられる。
08:30
ヴィタリック・ブテリン氏、イーサリアムのAI活用に期待
仮想通貨イーサリアム最大の技術的なリスクはバグだとし、イーサリアム共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、コードの検証やバグの発見にAIを活用できるようになることを期待していると述べた。
07:30
バイナンス、Roninチェーンのゲーム「Pixels」トークン新規上場 20%高
仮想通貨PIXELトークンはバイナンスなどへの新規上場で価格が高騰している。Pixelsが昨日トークンのエアドロップを実施した。
06:30
Starknetのエアドロップ取得日確定、DeFiへ4000万STRK付与も
日本時間2月20日21時よりStarknetの仮想通貨STRKが取得可能になる。このエアドロップを見逃したユーザーはDeFiへのインセンティブプログラムに参加することができる。
06:00
ソラナBackpackウォレット、Wormholeを搭載 マルチチェーンスワップ可能に
Backpackのユーザーはウォレット内で、ソラナブロックチェーンとイーサリアムブロックチェーンの間でトークンのブリッジとスワップができるようになった。利便性が向上しクロスチェーンスワップのUXが改善される。
02/19 月曜日
17:24
分散型ストレージ「Filecoin」がソラナと提携
分散型ストレージネットワークのファイルコインは、ソラナ(SOL)との戦略的提携を発表。ファイルコインの分散型ストレージ機能を活用することで、ソラナはネットワークの信頼性、拡張性及びセキュリティの向上を目指す。
12:35
著名投資家ピーター・ブラントが痛烈批判、ゲンスラーSEC委員長の能力に疑問を呈す
著名投資家ピーター・ブラント氏は米SECのゲンスラー委員長を批判した。MFグローバル破綻などに関する過去の疑惑を引いて信頼性に疑問を呈した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
重要指標
一覧
新着指標
一覧