仮想通貨アルトコインの価格急落も、将来性の判断は時期尚早|CNBC投資番組内

アルトコインの下落顕著に
仮想通貨市場は14日、ビットコインを中心に一時的な上昇が見られたものの、再度相場が反落し、市場全体は再び下落ムードに。アルトコインとの下落率に顕著な差が見られ、月間のアルトコイン市場の下落率では、ETF延期に次ぐ2番目に大きな急落相場となった。

アルトコイン相場の下落止まらず

仮想通貨市場は14日、一時的に上昇に転じていた相場も反落し、市場全体が再度下落ムードに。

とくに異常な下落率となっているのは、連日、出来高が減少、地合いの悪い状況が続いていたアルトコイン市場。

出典:CoinMarketCap

ビットコインは下落こそしているものの、前日比(14日8時時点)では、マイナス1%に留まっている一方で、時価総額2位に位置するイーサリアムが急落した他、時価総額22位のVechainがマイナス22%と大きな下落率に。

また、イーサリアムは年初来最安値をさらに更新しており、昨年12月12日に記録したETH=300ドルを下回りました。

アルトコイン市場は軒並み大きなマイナスを付けたことで、8月中では2番目に大きな下落率となり、CboeのETF延期報道で急落した相場の影響で暴落した相場の次に大きな下落となりました。

また、直近3日のBTC・ETHの価格変動状況をフィアット建で見ると大きな差が見られ、ビットコインは下落こそしているものの、価格のリバウンド率が高く、イーサリアムはBTCの下落に合わせて下落するものの、価格の戻しに弱さが見られ、さらなるビットコインの下落の流れに影響されています。

イーサリアムが下落した原因として、イーサリアムを資金調達資金としていたICOプロジェクトが、開発の長期化に加え、下落相場懸念から、資金捻出に動いているとの指摘がある他、トルコリラショックのより、国内ではビットコインが資産逃避先として注目される一方で、世界的にはリスク回避の動きが強まった可能性があります。

出典:TradingView

ETHJPY

出典:TradingView

また、日本時間朝の時点では、この様にビットコインとイーサリアム(アルトコイン全般に言える)の差がより顕著に表れており、50%を超えたビットコインドミナンスの勢いはさらに加速、2018年初となったBTCドミナンス50%から3日かからずに、53%目前まで迫っています。

出典:TradingView

追記

日本時間14日10時にビットコイン価格が下落に傾き急落、約1時間で70万323円から、66万189円まで5%近い暴落を記録しました。

ビットコインもアルトコインの下落相場に追随する形で下落をしたことで、アルトコイン相場は日本円建で下落幅を広げており、昼の11時時点では、時価総額上位の通貨の中でも20%近い下落率が目立ち始めています。

出典:coinmarketcap

断続的に下落が続く仮想通貨市場ですが、イギリスの投資ファンド企業は、現在の相場だけで判断するのは時期尚早であると言及しています。

CNBC経済番組:ETHはピークから70%以上転落も、判断は時期尚早

イギリスに本社を置く仮想通貨投資ファンドとリサーチ会社CoinSharesの最高戦略責任者を務めるMeltem Demirors氏は、CNBCの経済番組Fastmoneyに出演し、BTCとETH相場展望について様々な意見を述べました。

まず最初に、Demirors氏は、BTCやETHの価値を定めることについては、

相場よりも、重要なものがある。それは実用途のことだ。過去を振り返っても、Amazonの株価は、谷(下落期)からピーク(最高値)まで回復するのに9年はかかった。Intelは15年、そして、Microsoftは17年です。

と大企業に擬え、これら(BTCやETHなど)のプロジェクトの将来性を、今の冴えない相場だけで判断するには時期尚早であるとしました。

そして、Demirors氏は、このように続けました。

2017年年末から2018年年始まで見られた急騰は投機バブルだったが、当時得られた莫大な資金はまさしく今プロジェクトへ再投入されているだろう。

今こそ、様々なプロジェクトがどのように発展するかを決める第一歩となるのだ。昨今、新しい技術がデビューしてから、我々は時間をかけて理解するのが常であり、それらの技術の価値を判断するにはこの2つのメソッドが用いられる。

1.TMA(Total Addressable Market):ある製品やサービスが獲得することが出来る最大の利益機会を算出したもの。つまり、ETHの場合で考えれば、dAppsやスマートコントラクトの応用による収益。企業からの出資や提携は多々見られている。

2.PRM(Penetration Rate of Market):市場の普及率のことで、今ブロックチェーンやスマートコントラクトはまだ初期段階にある、実際の応用にはまだ時間が必要だが、進展はすでに見られている。

更に、Demirors氏は、ETHとBTCを資金調達資金としたICOは主流となっており、そういったプロジェクトが調達したETHとBTCを開発へ用いることも、正に以前のAmazonやMicrosoftと酷似していると述べています。

開発を行う過程は長くとも、調達した資金を利用して価値を生み出すという流れは、仮想通貨の価値を持ち上げる重要な要素であるとしました。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら