仮想通貨トークンペイ(TPAY):DEXに加え、中央集権型取引所も設立か

TokenPay (TPAY)は、eFIN分散型取引所と呼ばれるDEXに加え、中央集権型取引所をローンチすることを決めたようだ。

この取引所は、規制され、商業サービスプラットフォームに直接結びつき、リアルタイム決済を可能するとのこと。

今年の7月にトークンペイ(TPAY)とライトコイン(LTC)は、戦略的なパートナーシップの締結を発表したことで話題に上がった。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ライトコイン財団:トークンペイ社との提携により、ドイツWEG銀行の株式9.9%を取得
ライトコインは、独自のブロックチェーンプロトコルを構築し、ネイティブトークンTPAYを開発する「トークンペイ」とパートナーシップの締結を発表。仮想通貨が、既存の金融機関を脅かす存在としてではなく、新たなパートナーとして認識され、受け入れられるという好事例となった。
ライトコインが銀行を買収?隠された野望とは?
先週水曜日、ライトコイン財団がトークンペイとパートナーシップを築き、ドイツのWEG銀行を株式を9.9%取得した。トークンペイは5月、銀行買収はフィンテック開発ともに採用の手助けを意図する戦力的行動だと発表しました。そのニュースは賛否両論が挙げられている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら