CoinPostで今最も読まれています

スリーアローズキャピタル清算人、資産掌握状況を報告

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

現金、仮想通貨、NFTなどを掌握

破産申請した暗号資産(仮想通貨)ヘッジファンドThree Arrows Capital(3AC)の清算人企業Teneoは2日、破産裁判の公聴会で清算プロセスの進捗状況を報告。合計約48億円(3,560万ドル)の現金を掌握したと述べている。

Teneoはその他に、投資の強制償還分の約3.7億円(約275万ドル)、Starkwareのトークン、3ACの取引所アカウント、各種仮想通貨、証券、NFT(非代替性トークン)を管理している状態だ。

仮想通貨は、清算人の管理下にあるカストディ口座に保管し、必要に応じて米ドルに変換している。例えば、イーサリアム(ETH)は、平均価格約24万円(1,810ドル)で米ドルに交換したという。

Starkwareトークンについては、3ACがStarkwareのシリーズBラウンドとシリーズCラウンドに出資していた経緯がある。Teneoは、元の取引条件でトークンを購入した。

NFTは、主に3ACが立ち上げたNFT(非代替性トークン)投資ファンド「Starry Night Capital」関連のものだ。

証券などについては、将来株式取得略式契約スキーム(SAFE)と将来トークン取得略式契約スキーム(SAFT)、その他の株式投資契約など約180の契約の存在が確認されている。Teneoは、これらは流動性が低いとみなしており、こうした投資から価値を引き出すための選択肢を検討していく。

将来株式取得略式契約スキーム(SAFE)とは

転換社債から派生した債権の一種で、満期や利息を設定せず、簡略化した契約を特徴とする。

▶️仮想通貨用語集

「創業者らは非協力的」

Teneoは公聴会で、3ACの創業者らが非協力的であることについても指摘した。

Teneoは、創業者らと弁護士を通じて話し合いを行ったが、3AC側は、資産や一部の契約について、おおまかな開示を行ったのみで、帳簿や記録一式を渡すことはなかったと説明している。3ACの投資マネージャーも非協力的だった。

さらに、Teneoが3ACのシンガポール事務所に入った時には、ほとんどの文書、サーバー、ハードディスクが持ち去られていた状態だったという。3ACの元投資顧問は、全ての情報と書類を提供したと表明しているが、Teneoはこの発言は虚偽であるとも主張した。

Teneoは、3AC創業者のSu Zhu氏とKyle Davies氏が会社破綻前に購入した超大型ヨットについても調査結果を報告。このヨットの代金について、3ACの資金から直接支払うための、複数の送金が確認されているという。

Teneoは、「創業者たちはインドネシア、UAE(アラブ首長国連邦)にいるようだが、これらは外国裁判所の命令を執行するのが困難なことで知られる司法管轄区である」とも述べた。

Teneoは10月、情報提供に協力しなかったという理由で、3AC創業者たちのTwitterや電子メールアカウントを通じて、召喚状を送ることを裁判所に申請していた。

コインポストの提携メディアThe Blockは関係筋の情報として、Martin Glenn裁判長が2日、3ACの創設者を召喚すること、および通信内容の提出を求める召喚状の発行を承認したと伝えている。

米SECなども調査中

3ACは、今年5月の旧テラエコシステム崩壊をきっかけに債務不履行に陥り、7月に、米国で破産法第15章(国際倒産)に基づき破産を申請した。

その後、米証券取引委員会(SEC)や米商品先物取引委員会(CFTC)も3AC破綻をめぐり調査に乗り出している。3ACが投資家に対して誤解を招く表現で説明を行っていたかどうか、必要な登録を申請していたかどうかを調べている形だ。

他にシンガポールの金融管理局も、3ACが偽装情報を当局に提供していたとして調査している。

関連破産申請したThree Arrow Capital、米政府も調査を開始=報道

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/02 土曜日
12:45
イーロンがOpenAIを提訴 ワールドコイン急落
イーロン・マスク氏は、OpenAIとサム・アルトマンCEOに対して訴訟を起こした。「人類の利益のためのAI」という契約に反すると主張している。
10:30
「利下げ延期でビットコイン価格上昇抑制も」グレースケール分析
仮想通貨投資家は特に3月12日のCPI報告と3月14日のPPI報告、次回3月20日のFOMC会合で発表される最新の政策金利ガイダンスに注意しておく必要がある。
08:30
米株指数・日経平均高値更新、ビットコインは62000ドル台を維持
今週の米ナスダックや日本の日経平均が史上最高値を更新。AI・半導体ブームが相場を大きく牽引。日本市場では日経平均が金曜日の取引日で最高値を再び更新し節目の4万円にあと90円まで迫ってきた。
06:45
「Optimism」、デルタ・アップグレードで手数料をさらに削減へ
ブロックチェーンの間接的な固定コストを最大90%超削減できると期待されるアップグレード「Delta」について、仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」の開発チームが解説した。
06:00
16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始
ビットコインETFへの機関投資家の資金流入を背景にビットコインは今週一時64,000ドルまで高騰し2021年のATHである69,000へと接近しつつある。
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア