分散型取引所AirSwap:OTC市場を設立へ、新たな流動性が生まれるか

分散型取引所のAirSwapは、メインネット展開のためのOTC取引のフレームワークをローンチしている。

AirSwapウェブサイトに掲載されたアップデートで、今回の新製品は「プライベートベータグループのみ限定」で利用可能となるという。

AirSwapの共同設立者であるDon Mosites氏は今回の開発に関し以下のようにコメント、新たなOTCツールは取引をよりオープンかつ直接的にするだろうと述べた。

「流動性の高いAirSwapネットワークのOTCプラットフォームでは、より柔軟性のある価格判断と相手選びが可能となる」

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

新DEX『AirSwap』ローンチ初日から取引高1億円を記録
AirSwapの強み AirSwapはイーサリアムベースのERC20トークン交換プラットフォームであり、完全匿...
常に時代の最先端を行くバイナンス:分散型取引所(DEX)のデモビデオ公開、年内ローンチか
世界最大の取引所バイナンスCEOであるCZ氏は、自身の公式ツイッターに「Binance Chain/DEX」というDEX版のバイナン...

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加