仮想通貨市場:トークン価格が平均10%下がると短時間で約9900億円失う

仮想通貨市場は90億ドル(約9900億円)を失った
時価総額下位の仮想通貨やトークンの価格下落により、仮想通貨市場はたった3時間の間に90億ドル(9900億円)以上を失いました。
ビットコインの2%の価格下落に対しトークンは10%も下落

仮想通貨市場では、過去48時間の間にドル建てで30〜50%のプラスを記録していたトークンの価値が低下しました。

8月17日に米ドルとビットコインに対して最高の価格推移を見せていたNano、Zilliqa、Aelfが、8月17日にはそれぞれ18%、13%、12.9%だけ価格を下げ、この日最低の価格推移を記録しました。

一部のアナリストは、トークンの過去3時間の価格下落は仮想通貨市場の過度の回復に起因していると分析しています。

仮想通貨トレーダー・FX市場アナリスト、Alex Kruger氏はこのように述べています。

ビットコインは6600ドル(約72万円)ラインで拒否され、仮想通貨市場全体が砂上の楼閣のようになった。

急速な下落に対する強い反発は、好景気が始まったことを示すものではない。

投資家がマイナーのラリーを適切なラリーとして認めるようになったことで、トレーダーはトークンにおいてハイリスクハイリターンの取引を追い求めるようになり、VeChainやOntologyなどのトークンの価格は30〜50%引き上がりました。

8月18日のとある時点で、VeChainの価格は24時間のスパンで見るとドル建てでほぼ90%の増加を見せていました。

ビットコインのゆるやかな成長・回復

8月初めにビットコインが8500ドル(約93万円)から5800ドル(約64万円)に下落したのと同様に、大幅な価格変動後、安定した回復が必要です。

強い中期的なラリーを支えることができる推進力を見つける必要があります。

ここ数日間、投資家は積極的にリスクの高い取引を押し進め、6000ドル(66万円)のサポートラインを抜けた後に形成された小さな価格上昇に過度に反応しました。

8月18日のトークン価格の下落が、長い不況後にやましい期待で市場に参入した投資家らに警告する形となりました。

しかしながらこれからの数日間で、ビットコインは6400ドル(約70万円)前後での損失を最小限に抑え、トークンは価格を押し上げる推進力を見つけるだろうと考えられています。

現在、ビットコインとイーサリアムの出来高は7月の水準にとどまっており、短期間に強いラリーが行われるとは考えられていません。

tetherの出来高は過去12時間で28億ドル(3080億円)から35億ドル(3850億円)に増加しています。

短期的な損失を避けるため、投資家が仮想通貨から米ドルにヘッジしていると考えられています。

CoinPostの関連記事

総悲観から一転、ビットコイン急反発でリップルやネムが大幅高|仮想通貨市況
昨日の”総悲観”を買い場と見なしたか、年初来安値を更新していたXRPやXEMが前日比10%高に。今回がセリクラとなるか、最重要サポートラインを底割れしてさらなる悲劇が待ち受けているのか、仮想通貨市場は分水領を迎えている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加