CoinPostで今最も読まれています

年末のビットコインデリバティブ相場をプロが解説|仮想NISHI氏寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

*本レポートは、暗号資産取引所SBI VCトレードのクリプトアナリストである仮想NISHI(@Nishi8maru)氏が、CoinPostに寄稿した記事です。

ビットコインマーケットレポート(12月23日~12月29日)

ビットコインは、12月に入ってからは1万6千ドル~1万8千ドルのレンジ相場となっており、現在は全体的に(短期的な)売られすぎが解消しつつある状態となっている。過去5年間においては、2019年を除きクリスマス付近にボラティリティが高まるというアノマリーがある。執筆時点での価格は1.68万ドル付近。

クリスマス・イブ-クリスマスの騰落率

2021年 12月24日 +9.18% 25日 ▲0.83%

2020年 12月24日 +2.11% 25日 +4.16%

2019年 12月24日 ▲0.74% 25日 ▲0.87%

2018年 12月24日 +2.26% 25日 ▲6.30%

2017年 12月24日 ▲5.56% 25日 ▲0.35%

(ドル/UTC基準)

足もと

クリスマス休暇に入ったことから、ビットコインのアクティブOI(未決済建玉:下画像赤枠)は、絶対値がかなり少ない状態となっている。ファンディングレート(下画像青枠)を見るとポジションはニュートラルに近い状態となっており、デリバティブ市場を起因とする端的な急落は起こりにくくなっているといえる。

外部環境

米株価指数との相関が高い状況が今年2月ごろから約10か月にわたり続いていたが、11月上旬のFTXショック以降は相関が薄くなっている。さらに直近では一部株価指数とは逆相関に傾いており(S&P500、▲0.64、下画像赤枠)、全体として上昇しているリスクアセットに比べ弱い動きとなっている。

逆イールドの状態(米国2年債利回りが10債利回りを上回る状態)も続いており(下画像青枠)、外部環境による暗号資産市場全体に対する逆風は依然として強い状況にあるといえる。

現物市場

現物市場の成行売買状況は、やや売りが強い状況にある(下画像赤線)。

先物・デリバティブ市場

先物の未決済建玉(OI)は減少傾向にあり、依然としてFTX破綻ショック時と同様の水準まで下落している(下画像赤線)。CMEではアセットマネージャーや、主に価格差益を狙うレバレッジドファンドにより、ポジションがロングに傾いている。

デリバティブ市場

現物価格より先物価格の方が安い状況(バックワーデーション)となっており、需給は引き締まっているとみられる。

オプション市場

現状の価格から離れている12月30日権利行使のポジション(下画像黄色ポジション)が多いことから、権利行使日に近づくにつれてボラティリティが高まってくる可能性がある。

ハッシュレート

ビットコインのハッシュレート(採掘速度)は依然として高水準にある。次回予想は+4.13%の難化予想。

直近のクリプト指標

12月23日 米個人消費支出(PCE):22年11月結果

12月24日 ミシガン大学 消費者信頼感指数:22年12月結果

12月27日 有効求人倍率(11月)発表

総括

例年、アノマリーとしてクリスマス・イブ付近から年末にかけてボラティリティが高まる傾向がある。デリバティブ市場では、アクティブOIは少なくなっているものの、全体的にはやや売られすぎという状況である。

先物市場では、11月にビットコインが急落したことによる損失回避のためのヘッジショートポジションがCMEの年末SQ付近である程度解消されることや、オプション市場において現状の価格から離れている12月30日権利行使のポジションが多いことなどが、年末のボラティリティの高まりを誘発する材料として考えられる。

寄稿者:仮想NISHI仮想NISHI
「暗号資産もSBI」を掲げる、暗号資産取引所SBI VCトレードのクリプトアナリスト。BTC Status Alert制作協力者、DECOCHARTの企画・監修者としても、日本の業界に必要な投資関連情報の配信に携わっている。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/20 土曜日
09:15
ビットコイン、4度目の半減期完了 報酬が3.125 BTCに
直近の米経済指標(3月の雇用統計やCPI等)が景気の堅調さを改めて示しているため、FRBが利下げを急ぐ必要がなくなりつつあるとの観測が高まってきており、仮想通貨や株のようなリスク資産をさらに押し上げる力は弱まってきたようだ。
08:25
BTCクジラが1900億円相当のビットコイン押し目買い、エヌビディアなど大幅安|金融短観
19日のアジア時間はイスラエルがイランに対して報復攻撃を実施したとのメディア報道が嫌気され日経平均指数や上海総合指数などは大きく下がったが、その後攻撃の規模が限定されており核施設に被害はなかったとの報道を受け米国の株式市場ではこのニュースへの反応は見られなかった。
06:45
Magic Eden、BaseチェーンのNFTに対応へ Open Editionミントも予定
Magic Edenは現在NFTマーケットプレイスのランキングで1位。ビットコイン半減期を背景に需要が高まるビットコインOrdinalsおよびビットコイン上の「Runes」への期待が出来高を押し上げている。
06:15
マイクロストラテジーのセイラー会長、自社株売却で570億円の利益
マイクロストラテジーの株価は仮想通貨ビットコインの3月の高騰に伴い3月27日に1,919ドルまで値上がりした。同株は年初来+71.37%のパフォーマンスを見せた。
04/19 金曜日
18:00
2024年注目の仮想通貨10選 セクター別の主要銘柄
暗号資産(仮想通貨)市場を代表する、注目銘柄10選。ビットコイン現物ETFが承認され半減期を迎える2024年。RWAやAI銘柄などセクター毎に投資活動が活発化。年初来の騰落率を含む各種データを網羅。ソラナのミームコインやエアドロップの効果は業界全体に影響している。
13:53
Yuga Labs、NFTゲームの知的財産権をゲームスタジオ「Faraway」に売却
著名NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」で知られるYuga Labsは、同社が開発するNFTゲーム「HV-MTL」と「Legends of the Mara」の知的財産権を、ゲームスタジオ「Faraway」に売却したと発表した。
11:54
中東情勢緊迫化で株やビットコインなど急落、リスク回避の動き強まる
中東情勢を巡りイスラエルのイランへの報復攻撃が伝わり、日経平均株価や仮想通貨ビットコインなどリスク性資産が暴落した。先行き懸念からリスク回避の動きが強まっている。
11:30
Ondo Finance、米国債建てトークンUSDYをコスモスで展開へ
資産トークン化企業Ondo Financeは、Noble Chainと提携して米国債建てトークンUSDYなどの資産をコスモス上で展開すると発表した。
11:00
テザー社、USDT超えて最先端技術提供へ 4つの新部門立ち上げ
USDTを発行するテザー社は事業部門を4つに再編する計画を発表した。ステーブルコインを超えた、より包括的なソリューションを提供していく計画だ。
10:10
「BTC半減期後の相場はマクロ経済が主導」10x Research分析
仮想通貨ビットコインの半減期後の相場を主導するのはマクロ経済であると10x ResearchのCEOが指摘。現状ではビットコインの今後価格が5万ドルまで下がる可能性もあると述べている。
09:35
Aptos開発企業、マイクロソフトやSKテレコムなどと提携
アプトス・ラボが数社と共同で開発するAptos Ascendは、金融機関向けのデジタル資産管理プラットフォームだ。この製品はAzure OpenAI Serviceを使用する。
07:55
仮想通貨取引所バイナンス、ドバイで完全な事業ライセンス取得
バイナンスは昨年同局からMVPライセンスを取得したが、同ライセンスには3段階のプロセスがあり、今回は最終段階をクリアしたことになった。
07:20
「半減期後にBTC価格は下落する可能性」JPモルガン
半減期後に仮想通貨ビットコインの価格は下落する可能性があると、JPモルガンのアナリストは分析。17日のレポートで分析の根拠を説明している。
06:30
バイナンス、新たな仮想通貨ローンチパッド「メガドロップ」発表
最初に選ばれたプロジェクトは仮想通貨ビットコインのステーキングプラットフォーム「BounceBit」で、168,000,000 BBトークンがMegadropを通して配布される予定だ。
06:00
コインベース、ソラナミームコイン「WIF」の永久先物提供へ
米仮想通貨取引所大手コインベース(およびインターナショナル取引所)は19日、ソラナ基盤のミームコイン「WIF」のパーペチュアル先物取引を新たに提供する予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/20 ~ 2024/04/21
大阪 京セラドーム大阪
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
重要指標
一覧
新着指標
一覧