韓国大手仮想通貨取引所Bithumb:国外の新規ユーザーに最大70%の手数料を還元するキャンペーンを発表

韓国国外の新規ユーザーに向けて、イベント期間中に取引所に仮想通貨を入金する際に発生する取引手数料の払い戻しが行こなうキャンペーンを韓国大手取引所Bithumbが発表した。

制限時間、グローバルな仮想通貨取引所であるBithumbは、新規ユーザーのサポート対して感謝を表明し、 最大70%の取引手数料の払い戻しのを提供するとしていることから、新規流入の糸口として期待される。

2018年8月16日から9月16日間の韓国標準時(GMT+9時間)で”仮想通貨入金イベント”を実施し、新規登録ユーザーで韓国以外のトレーダーが対象。

払い戻し率

  • 10,000ウォン(約986円)と99,999ウォン(約9869円)間で10%
  • 100,000ウォン(約9869円)と999,999ウォン(約98694円)間で20%
  • 1,000,000ウォン(約98694円)と11,999,999ウォン(約11万8433円)の間で40%
  • 12,000,000ウォン(約118万4000円)〜39,999,999ウォン(約394万770円)間で50%
  • 40,000,000ウォン(約394万7780円)から99,999,999ウォン(約986万9449円)間で60%
  • 100,000,000ウォン以上(約986万円9450円)は70%

取引手数料の払い戻しが行われる期間は、韓国標準時(GMT+9時間)の2018年10月1日から5日までの6日間に渡り仮想通貨で支払われる。

参考記事:Bithumb to Refund New Users up to 70% on Fees

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

韓国:モンゴル政府Bithumbを訪問+規制当局による仮想通貨取引所の調査続く
韓国の仮想通貨取引所の調査結果が報告された。一部で改善が見られるが利用には注意は必要。またモンゴル政府高官の韓国訪問および、Bithumb社への訪問。Ksine社のハードウォレット発売開始。ビットコインATM(BTM)を運用しているCoinme社への韓国進出計画などさまざな動きが見られた。
韓国最大手取引所Bithumb:マネロン対策に非協力的な11ヶ国で取引停止
韓国最大手仮想通貨取引所のBithumbが、マネロン対策に非協力的な11ヶ国で取引停止を発表しました。今回のBithumbの取引停止は、次回G20の規制も視野に入れた決断とみられています。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら