ユニオンバンク、スイスフランを裏付けとする仮想通貨の発行を発表|規制下の銀行では世界初

リヒテンシュタインのUnion Investment Service Bank AGは、独自のセキュリティ・トークンと法定通貨に裏付けされたステーブルコイン(the Union Bank Payment Coin)を発行すると発表した。

今回の発表で独自のセキュリティトークンを発行する世界初の規制と認可された銀行となった。

UBPC(Union Bank Payment Coin)はステーブルコインで、スイス・フランを担保にする計画の模様。

参考記事:Security Token and Union Bank Payment Coin

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨取引所バイナンス:ヨーロッパに法定通貨建ての新取引所「Binance LCX」を設立
業界最大手の取引所バイナンスは、中央ヨーロッパに位置するリヒテンシュタイン公国で、法定通貨建ての新取引所「Binance LCX」を設立すると発表した。仮想通貨を欧州で普及させるための足掛かりとなる可能性がある。
スイスの銀行による仮想通貨の企業支援が続く|仮想通貨業界の架け橋となるか
スイスのプライベートバンクが、仮想通貨およびブロックチェーン関連企業に金融サービスの提供を始めることがわかった。スイス中央銀行や政府当局は、仮想通貨やブロックチェーン企業支援に対して好意的とされる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら