CoinPostで今最も読まれています

世界経済フォーラム、DAOを支援するレポート公開

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

DAOの可能性引き出すための提言

世界経済フォーラム(WEF)は17日、自律分散型組織(DAO)に関するレポートを発表。新たな組織形態であるDAOの可能性を最大限に実現するため、開発者、政策立案者やその他の関係者に情報提供することを目的としている。

WEFは、DAOに必要とされることは、その目的やコミュニティ、構成方法に依存するため、すべてのDAOにあてはまるような推奨事項を示すことは難しいと指摘。その上で、様々なDAOが、効果的な運営、ガバナンス、法的戦略を策定するためのスタート地点を提示したいと述べた。

自律分散型組織(DAO)とは

自律的に機能する分散型組織を指す。「Decentralized Autonomous Organization」の略。一般的な企業などとは違い、経営者のような中央管理者が存在しない。参加メンバーやアルゴリズムによって運営管理が行われる。

▶️仮想通貨用語集

WEFは、今回のレポート発行の背景について、次のように説明している。

2021年だけでも、DAOの資産価値は約490億円(3億8,000万ドル)から約2兆円(160億ドル)へと40倍に拡大し、参加者数は1万3,000人から160万人へと130倍に膨らんだ。

金融からソーシャルネットワーク、慈善事業まで、DAOというデジタル組織は、私たちのつながり、協力、創造の方法を再構築しようと試みている。

WEFは、DAOは台頭しつつあるが、現在その多くが運営、技術、ガバナンス、法の面で類似した課題に直面していると続けた。レポートは、これらの課題に対処するための提言を行っている。

関連デジタル庁のWeb3研究会、独自のDAO設立へ

運営、ガバナンス、法的側面について提言

まず、DAOの運営については、設立前に明確な使命とビジョンを設定し、それに沿った構造を構築することを挙げた。さらに、次第に運営を分散化していく場合は、管理権の移転方法を法的に検討しておく必要があるとする。

さらに、新メンバー参加の際に、教育を担当するワーキンググループや教材があると便利だと指摘。何か特定のテーマに焦点を当てて活動するシーズン(時期)をもうけて、シーズンごとに活動評価することや、貢献者への報酬体系を定めることも提示した。

ガバナンスについては、詐欺的であったり中傷的であるなど、不適切と思われるガバナンス提案の削除を検討するなど、調整を行う管理者を任命することを提案した。

その他に、1メンバーにつき1票の投票を行えるとすることで、資産を多く持つ者が決定権を持つような状況を防ぐことができるとしている。ガバナンス提案が投票に移る前に、参加者がそれを精査し、コメントを行えるような期間を設けることなどにも言及した。

法的な面については、DAOの目的、コミュニティ、その他の要因に応じて、どのような法に準拠するのかを評価し、可能な法的形態を検討する必要があるとしている。

また、政策を提供する側に関しては、DAOという新しい組織形態の恩恵を現実化し、同時にそのリスクを軽減するためにも、「適切な政策・法的枠組みを構築することが極めて重要」だと唱えた。

例えば現状では、税務上でDAOをどのように取り扱うかについて、国際的に規制当局や政策立案者の間で調整が行われておらず、納税者と税務当局の双方にとって不確実性が存在していると述べる。

DAOの法的枠組みを開発する上では、官民を超えた協力が不可欠で、国や地域ごとに、まず何を優先するかを決定することが有益だと続けた。

DAOに関する枠組みは、証券法、税制、雇用・労働法など、複数の規制分野にまたがるものであるため、効果的なルールを構築するためには、これら全体を統一する戦略が重要になるとも指摘している。

目標を明確にした後には、専門規制ユニットの設立、DAOの目的別開示要件、規制サンドボックスなど、様々な試みを実施することができるとした。

関連ソラナのDAO管理ツール「Matrica」、Discordと連携か

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
10/03 火曜日
17:50
米CFTC委員長、仮想通貨含む新技術への規制見直しをアピール
CFTCのロスティン・ベーナム委員長は、シカゴで開催される先物業界イベントで、仮想通貨規制に注目し、現実的な規制フレームワークを設ける重要性を訴えた。米証券取引委員会(SEC)のゲイリー・ゲンスラー委員長とは一線を画す。
16:51
フレンドテックのセキュリティ弱点とSIMスワップ攻撃の危険性
ソーシャルファイFriend.Tech(フレンドテック)のセキュリティリスクに懸念高まる。550万円相当の仮想通貨イーサリアムが不正流出したケースも。SIMスワップ、フロントエンド侵害などへの脆弱性について専門家が警告した。
13:44
「影の金融システム」になりうる仮想通貨、IMFがリスク評価を提案
国際通貨基金は、「仮想通貨に起因するマクロ金融リスクの評価」と題した研究報告書を発表。各国が仮想通貨領域における潜在的リスクを特定、防止、軽減するための概念的な枠組みとして、仮想通貨リスク評価マトリクスを提案した。
13:40
シルバーゲート銀の破綻背景に仮想通貨業界への依存、FRBが指摘
米FRBはシルバーゲート銀行破綻に関する調査報告の概要を発表。仮想通貨業界への集中化などを破綻原因として挙げている。
13:15
アービトラム、ソラナ、dYdXの動向まとめ
仮想通貨市場の個別銘柄、アービトラム、ソラナ、dYdXが前週比で高い上昇幅を示した。独自チェーン、報酬プログラムなど近日予定されるイベント、アップデートについてまとめた。
12:34
ビットコイン昨日上昇分を一夜で打ち消す、米長期金利は16年ぶり高水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では米政府の閉鎖会議でビットコイン(BTC)が上昇するも米長期金利が16年ぶり水準まで高騰した影響が重石となり、レジスタンスライン(上値抵抗線)で反落した。
10:55
米コインベースが新たな決済機関ライセンス取得
大手仮想通貨取引所コインベースは、シンガポール金融管理局から決済機関としてのライセンスを取得した。現地のWeb3コミュニティとも協力していく。
10:30
SBI VCトレード、アバランチのステーキング報酬向上
SBI VCトレードは、仮想通貨アバランチのステーキングサービスの報酬年率を10月から0.5%~3.0%程度引き上げる見通しを発表。8月の報酬年率実績は6.2%。AVAXのステーキングはSBI VCトレードが国内で唯一提供している。
08:20
UBS、ETHブロックチェーンでファンドのトークン化を実験
スイス拠点の金融大手UBSは、RWAのファンドをトークン化するテストを開始したことを発表。このテストでは、仮想通貨イーサリアムのブロックチェーンを利用する。
08:10
米政府閉鎖回避も国債利回り上昇でNYダウ続落 IT・仮想通貨株は上昇|3日金融短観
コインベースやマラソンといった仮想通貨関連株銘柄はビットコイン(BTC)が2日に28,580ドルにまで急騰したことを受け一時大幅に上昇していたが、その後28,000ドル台割れで上げ幅を消した。
05:30
6つのイーサリアム先物ETF取引開始|3日朝の重要速報まとめ
米時間2日に複数のイーサリアム先物ETF(上場投資信託)がデビューした。米大手仮想通貨の資産管理会社グレースケールが現在運用中のイーサリアム投資信託をイーサリアムのETFへ転換する申請をSECに提出した。
10/02 月曜日
14:58
仮想通貨VC大手パラダイム、対SEC裁判でバイナンスを援護
仮想通貨VC大手パラダイムは、バイナンス対SECの訴訟でバイナンスを支持する法廷助言書を提出。SECは権限の範囲を超えて行動していると主張した。
13:00
米VanEck、「イーサリアム先物ETF」利益の10%を開発者に10年間寄付へ
米資産管理大手VanEckは、近日提供予定のイーサリアムの先物ETFからの全利益の10%を、プロトコル開発者らに今後10年間寄付すると発表した。
12:41
米議会閉鎖回避でビットコインや株などリスク資産上昇 主要アルト反発も
暗号資産(仮想通貨)市場では、懸念された米議会閉鎖回避を受けビットコイン(BTC)や日経平均株価などが反発。米国で先物ETFが承認されたイーサリアム(ETH)や、ソラナ(SOL)への資金流入も見られた。
10:09
ブテリン氏、プロバイダ分散化に繋がるプロトコル変更案
イーサリアム共同創設者ヴィタリックブテリンは、新たにステーキングプロトコル変更によるリキッドステーキングプロバイダ集中化の緩和(分散化)案を検討した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア