悪質なビットコインオペレーターに対し仮想通貨取引を永久禁止に|米CFTCが勝訴

米商品先物取引委員会の勝訴
McDonnell氏が虚偽と不当支出による詐欺を行なったと結論づけ、裁判所は290,429ドルの賠償請求と871,287ドルの罰金の支払いを命じ、米商品先物取引委員会が勝訴しました。

米商品先物取引委員会の勝訴

裁判官は仮想通貨プロモーターに対し、投資家に悪質な詐欺を働いたとして仮想通貨関連の取引を永久禁止するとの裁判所命令が下され、米商品先物取引委員会(CFTC)が裁判に勝訴した。

ニューヨーク、ブルックリンの連邦地方裁判所のJack B. Weinstein裁判官は、ニューヨークに拠点を置くCabbageTech社の経営者Patrick McDonnell氏による弁論を退け、Weinstein氏は、McDonnell氏が、虚偽と不当支出による詐欺で、異なる州や国の多くの投資家から資産をだまし取ったとの判決を言い渡した。

この判決によって、McDonnell氏は、290,429ドルの賠償請求と871,287ドルの罰金の支払いを命られた。

McDonnell氏は、当初より弁護士を雇う余裕がないと主張していた模様で、Weinstein裁判官は無料の法的支援を探すよう促したものの、弁護士なしで法廷に立ち続け、途中からは法廷へ足を運ぶことも途絶え、 Weinstein裁判官は欠席判決を下していたという。

参考記事:CFTC Wins Permanent Ban Against ‘Vicious’ Bitcoin Operator

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

カリフォルニア連邦裁判所:ハッカーに仮想通貨で約8300万円の保釈金を支払うように命令
25歳のハッカーは、"ビットコインやその他の仮想通貨"で約75万ドル(約8300万円)の保釈金を支払うよう要求されたという。裁判所は、支払いの目的は現金を確保する事ではなく、ハッカーを裁判所に出廷させるため仮想通貨で支払うことを許可した。
米CA州裁判所が、リップル社に対する訴訟の差し戻し申請を却下
8月12日、米国カリフォルニア州にある「北部地区裁判所」は、XRP投資家Ryan Coffey氏が5月3日に提起した差戻し申請を却下する命令を下したことがわかった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します