インドで2番目の規模であるICICI銀行:ブロックチェーンの未来に前向き姿勢を見せる

YourStoryとの2018年8月24日のインタビューで、インドの市中銀行としては、インドで2番目の規模の銀行であるICICI銀行の技術責任者のAbhijit Singh氏は、ブロックチェーンが銀行業界に与える影響に対し、前向きな姿勢を示したと語った。

ブロックチェーンは銀行部門に混乱を起こすとして広く理解されているが、主要銀行は革新的な技術をビジネスモデルに導入する方法を模索している。

このインタビューによると、Singh氏は、この技術は銀行の長期的戦略になくてはならないものであり、投資する必要があると付け加えた。

Singh氏は、ICICI銀行は、銀行の異なる戦略が異なるアプローチを必要とするため、スタートアップ企業とこれまでの企業の両方への投資を検討していると述べた。

加えて、銀行が検討しているブロックチェーン関連の内部的戦略も複数あると付け加えた。

参考記事:India: ICICI Bank Is Focusing on Blockchain for KYC, Trade, and Remittances

CoinPostの関連記事

インド:仮想通貨取り扱い禁止措置の中でも取引、抜け穴を利用
インドの仮想通貨トレーダーは7月5日にインド中央銀行が銀行業者に発令した仮想通貨取り扱い禁止 措置の中でもビットコインを取引する方法を見出している。ダバトレーディングという手法がそのうちの一つである事がBusiness Todayで報じられた。
Huobi:インドルピーで仮想通貨OTC取引を開始へ、禁止騒動後の発表で相場に影響するか
世界有数の大手仮想通貨取引所Huobiがインドルピーでの仮想通貨取引を開始した。インド中央銀行(IRB)は5日、関連事業の仮想通貨の取り扱いを禁止したが、これはIRB傘下の銀行のみに該当する為、その他のインド国民にとっては仮想通貨取引が合法。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用