【速報】中国仮想通貨禁止政策に、国内最大手検索エンジン「バイドゥ」も協力|フォーラム内での仮想通貨に関連する投稿を禁止へ

北京のビジネスメディア、China Timesによるとバイドゥが日曜日、仮想通貨に関するフォーラムを自社のフォーラムサイト、バイドゥtiebaで禁止する事を発表した。

Baidu担当者はフォーラム内でICOに関する勧誘行為が行われていた経緯を示唆しながら、中国政府の規制に従っていく方針を明らかにしました。

Wechatも先週22日、アプリを通じてICO情報や仮想通貨取引に関する情報が行われていた為、仮想通貨やブロックチェーン関連のメディアアカウントが相次いで停止されている。

そのほかにもAlibabaも仮想通貨に対する姿勢を強めており、中国政府の仮想通貨に対する取り締まりを強化している状況が見受けられる。

FRBが金融引き締めを行なっていることによって、新興国の通貨に、米ドルに回帰する動きが見られ、下げ目が立っている他、米中貿易摩擦懸念に終結の兆しが見られない中で、人民元を買い支える動きが見られている。

中国当局は現在、資本の外部流出を懸念しており、外部流出の一つの懸念点である仮想通貨、ICOの取り締まりを強化している可能性がある。

参考記事:Search Giant Baidu to Censor Crypto Discussions on Its Forum Business

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ビットコイン価格下落を耐え抜くも、投資家が再び中国政府の動きに危機感を感じる理由|仮想通貨市況
ビットコイン相場は24日、9つのビットコインETF否決による相場を重要サポートラインを割ることなく耐え抜き、相場は再度上向きに転換。しかし、中国政府の今後の動きに仮想通貨市場の長期的な危機感が感じられる展開に。
中国ITの巨人Alibaba、中国政府による仮想通貨OTC取引の監視に協力すると発表
中国の有名メディア新京報によると、中国IT最大手Alibabaの傘下に置かれる決済専門企業Ant Financial社は、Alipayという決済モバイルアプリを通して、中国規制当局の仮想通貨OTC取引を監視することに協力することを発表しました。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら