CoinPostで今最も読まれています

バイナンス、韓国市場へ再進出 GOPAX株式取得で

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

韓国5大取引所GOPAXの株式取得

最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは3日、韓国市場への再進出を行うことを発表した。韓国の取引所GOPAX株式の多くを取得した格好だ。

バイナンスは、まだ契約条件やGOPAXへの出資規模を明らかにしていないが、韓国のメディアDecenterは1月、バイナンスがGOPAX株式の約41%を買い入れる計画だと報じていた。

バイナンスは、以前韓国でも事業を行っていたものの、金融当局による厳格な制限や、ユーザーの少なさなどを背景として2020年に韓国の関連会社を閉鎖していた。今回、同国ですでに運営されているGOPAXを通じて、再進出する形だ。

GOPAXは、韓国5大仮想通貨取引所の一つである。現在韓国では、同国最大手取引所アップビット(Upbit)が市場シェアの大半を占めている状況だ。バイナンスは、アップビットよりも数多くの銘柄を取り扱っている。もし、これらの銘柄がGOPAXでも提供されるようになれば、ユーザーが移動する可能性もある。

GOPAXの親会社Streamiにおける第2位の大株主は、米仮想通貨コングロマリット「デジタルカレンシーグループ(DCG)」であり、Streamiは、破産申請したDCG子会社ジェネシスの最大の債権者の1つだ。

この関連で、現在GOPAXは利回り商品の出金と利払いを一時停止中。バイナンスとGOPAXの取引により、ユーザーによる出金と利払いを再開することができるようになる見込みだ。

バイナンスのYibo Ling最高事業責任者は、次のように述べている。

ユーザーをサポートし、資産を引き出したいユーザー全員の出金を可能にするという目標が、GOPAXとの取引の後押しとなった。

インドWazirXへのウォレット提供終了へ

バイナンスは3日、インドの大手取引所WazirXに対する、バイナンスウォレットの提供を終了すると発表した。

経緯として、WazirXはインド当局から、マネーロンダリングを助長していると批判されていたが、バイナンスがWazirXユーザーの資産やユーザー活動、およびそのプラットフォームの運営管理を行っていると誤解させる説明を行ってきた。

バイナンスによると、バイナンスはWazirXを運営するZanmai Labsにウォレットサービスを提供しているだけで、ユーザー資金含め、WazirXの運営を管理したことは一度もない。バイナンスは、次のように指摘している。

バイナンスのウォレットサービスを利用したことを根拠にして、Zanmaiが誤った説明を続けることを許さないことは、バイナンスおよび公の利益につながる。私たちは、Zanmaiによる虚偽の主張は、WazirXの事業に関する責任をバイナンスに転嫁しようとする試みであると見ている。

バイナンスは1月26日に、Zanmaiに対して、虚偽の説明を撤回するか、バイナンスのウォレットを利用停止するか、どちらかを選択するよう申し入れたと続けた。

結果として、Zanmaiは発言撤回を拒否したため、バイナンスは2月3日までに、WazirXの業務に使用しているアカウントから資金を引き上げるよう求めたところだ。3日時点では、まだ資産がウォレットに残っている状況だと説明している。

WazirXは1月に資産証明を行っており、ユーザー資産の90%をバイナンス提供のウォレットで保有していると述べていた。残りの10%はホットウォレットとコールドウォレットの両方で保管しているとしていた。

関連世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスとは|企業としての取り組みを紹介

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/01 金曜日
17:41
「暗号資産の投資状況と確定申告」に関する調査、年内取引で約7割が利益
Aerial Partnersが2023年の暗号資産取引調査結果を公開。ビットコインなどの現物取引だけでなく、PoS銘柄のステーキング利用度が高まりつつあり、利益を出している投資家増加に伴い「確定申告」の必要性も上がっている。
16:03
米投資会社タイガー・グローバル、BAYCやOpenSea投資の評価額を大幅下方修正
タイガー・グローバル・マネジメントが、有名なNFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」(BAYC)と主要なNFTマーケットプレイスであるOpenSeaへの投資により、大幅な含み損を抱えていると報じられた。同社の直近の投資動向と報告内容についてまとめる。
16:00
「ビットコインがもたらす革命をSNSへ」Nostrasia特集を配信
第10回のGM Radio:Beyond The Priceは11月22日に公開。今回は11月に東京などで開催されたイベントNostrasiaを特集した。
14:00
「イルビウム」、eスポーツチームTeam Liquidと提携
Web3ゲームIlluviumは、世界最大級のeスポーツチーム「Team Liquid」と提携すると発表した。独自NFTのリリースやトーナメント開催を予定している。
13:21
4年越しの復帰、bitFlyerの加納CEOが“世界と戦う”ために求める人材は?
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するbitFlyer HD加納裕三CEOに独占インタビュー。bitFlyerの強みや求める人材、ビットコインETFの影響について注目される暗号資産市場の展望について伺った。
12:52
BAYCバーチャルバンド「KINGSHIP」、大手ゲーミングプラットフォームRobloxでデビュー
高級NFTコレクションBAYC(Bored Ape Yacht Club)キャラのバーチャルバンド「KINGSHIP」をフィーチャーした「KINGSHIP Islands」が、大手ゲーミングプラットフォームRobloxでプレイ可能になった。
12:40
ビットコイン38000ドル台復帰で年初来高値更新うかがう、ビットコインETF巡る報道続く
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインETF承認期待やFOMCの金利据え置き予想を背景に、BTCが高値更新を目前にしている。日足でアセンディングトライアングルを形成しており、ブレイクすれば4万ドルの心理的節目が視野に入る。
11:26
ビットコイン先物ETF「BITO」、運用資産額が過去最高値更新
米国初のビットコイン先物ETF「BITO」が運用資産で歴史的高値を更新。今年のBITOへの純流入額は11月24日時点で4億3,800万ドルであり、特に11月10日までの2週間で2億2,400万ドルが流入した。現物ビットコインETF承認への期待が高まり、BTC市場への機関投資は9週連続で純流入を記録している。
10:45
ビットコイン取引手数料で4億円超の過払い アントプールが返却へ
アントプールは、あるユーザーが過大に支払った83ビットコインの手数料を返却すると発表した。
09:45
大和証券ら4社、イーサリアムでST発行へ
大和証券グループは、パブリックブロックチェーン上でセキュリティトークンを発行するPOCを実施すると発表。基盤には仮想通貨イーサリアムのブロックチェーンを活用する。
08:30
NYダウ今年の高値更新 10月PCEがインフレ鈍化示唆
米株指数NYダウは本日+520ドル超と大幅続伸。11月には今年の高値を更新し2022年1月以来の高値をつけた。一方、仮想通貨ビットコインの11月の上昇率は8.8%だった。
07:30
バイナンス、新たな機関投資家向けソリューション提供へ
仮想通貨取引所バイナンスは、機関投資家向けの新たなソリューショーンを発表。開発の目的やプロジェクトの現状を説明している。
07:15
韓国Upbit、仮想通貨「SPACE ID」新規上場 一時30%高
韓国最大手仮想通貨取引所Upbitは30日、銘柄SPACE ID(ID)をBTC建て通貨ペアとして新規上場した。上場ニュースを受けてIDは一時30%急騰。
06:30
米SEC、フィデリティのイーサリアムETF上場申請で審査開始
米SECは新たに、フィデリティの仮想通貨現物イーサリアム(ETH)のETF上場申請について、パブリックコメントを募集し始めた。
05:30
約6億ドル分のビットコイン買い増し、マイクロストラテジー
米マイクロストラテジーは30日夜、再びビットコインを買い増ししたことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア