イーサリアムとEOS上で1日300人のユーザーを有するdAppsは8つに留まる

1日あたり300以上のユーザーが利用しているdAppsは以下の通りです。

イーサリアム:5

EOS:3

1週間で最も取引量が高いdAppsは以下の通りです。

EOS:EOS Bet(約20億円)

イーサリアム:IDEX(約7億円)

イーサリアムは3兆円を超える時価総額、EOSは約5100億円を超える時価総額を誇っている中、トランザクション量が未だ低いのはスケーラビリティが大きな要因の一つとされている。

昨年、Coinbaseの共同設立者Fred Ehrsam氏は今後さらにイーサリアムが利用されるにはトランザクション許容量が現在の100倍増加しなければならないと指摘していたが、dAppsには他にもガスと呼ばれる手数料がユーザーの参入を妨げている可能性もある。

いずれにせよdAppsが大人気になる前に、解決されるべき課題は多いといえるだろう。

参考記事:Ethereum and EOS Only Have 8 dApps Combined with 300+ Active Users

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

世界初:世界銀行がイーサリアムブロックチェーンで約81億円相当の債券発行へ|起債は8月28日を予定
世界銀行(World Bank)は来週起債する「世界初のパブリックブロックチェーン債券」を、1億豪ドル(81億円相当)に定め、起債は8月28日を予定していることを公表した。
金融機関の着眼点が「ビットコイン」に移りつつある|Coinbase副社長が見る現在の仮想通貨市場
Coinbaseと米規制機関の動き 現在の仮想通貨市場の動きを左右しているのは、規制の大きな枠組みとして世界の各国政府...

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック