韓国大手仮想通貨取引所Bithumbが新規ユーザー登録を再開|政府の安全性認定で風向きが変化

韓国における取引高No.2の取引所Bithumbは、 公式ブログにて、今週中に新規ユーザー登録を再開予定だと発表した。

当ブログによれば、韓国最大の金融機関「農協銀行(NK)」が、早ければ8月30日付けでBithumbと入出金バーチャル口座連動の契約を締結、新規ユーザーの登録を可能にするという。

韓国の規制では、仮想通貨取引所は、銀行とバーチャル口座の連動が必須条件となっている。

NK銀は2018年始、「Bithumbが、顧客の資金に対するセキュリティとマネーロンダリング対策の欠如」を理由に、Bithumbとの提携を見送っており、同時期にハッキングを受けて約4000万ドルの流出被害があったことで、今回の発表まで新規ユーザーの登録を停止していた経緯がある。

しかし先週、韓国政府は、BithumbやUPbit等の取引所における安全性を認定。農協銀行(NK)の判断に影響を及ぼすなど、風向きが大きく変わった。

韓国最大級の取引所であるBithumbの登録再開は、当取引所の高い流動性を見込み、新たな資金流入が期待される。

参考記事:Korea’s 2nd-Biggest Crypto Exchange Resumes User Registrations as Market Improves

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

今年ハッキング被害を受けた韓国Bithumbが再浮上:2018年上半期に巨額の純利益
今年6月ハッキング被害に遭ったBithumbは厳しい状況下にも関わらず巨額の利益を上げていた。出来高が一時半減するも直近では韓国ウォンによるBTC取引が再上昇、影響力を取り戻しつつある。
韓国大手仮想通貨取引所Bithumb:国外の新規ユーザーに最大70%の手数料を還元するキャンペーンを発表
韓国国外の新規ユーザーに向けて、イベント期間中に取引所に仮想通貨を入金する際に発生する取引手数料の払い戻しが行こなうキャンペーンを韓国大手取引所Bithumbが発表した。最大70%の取引手数料の払い戻しのを提供するため、新規流入の糸口となることが期待される。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら