ロシア政府機関:仮想通貨ウォレット監査するシステムを開発中

ロシアの金融犯罪を監視、防止する政府機関のRosfinmonitoringが現在犯罪者が保有する仮想通貨ウォレットを追跡するシステムを開発中である事はBBCの報告で明らかになった。

ロシア政府機関が開発中となるこのシステムは、開発費用280万ドル(約3億1000万円)、稼働開始日は年内を予定している。

このシステムは、特定の個人に関連する仮想通貨ウォレットのデータを得ることができるため、犯罪の疑いがある仮想通貨ウォレットを監視するために使用される可能性がある。

ロシア政府は未だに仮想通貨に対する方針を定かにするところまでは至ってない。

なお、日本でも同じような動きが見られ、警察庁は来年度、仮想通貨に関する操作に必要な取引履歴を可視化し追跡できるソフトウェアを導入予定であることが明らかになった。

このソフトウェアは民間企業が開発したものとなり、導入に必要な関連位費用は約3500万円となり、全国の警察にシステムを導入し、犯罪の捜査に役立てていく方針を固めた様だ。

参考記事:Russian Agency to Track Crypto Wallets of Criminal Suspects

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ロシアの大手航空会社S7 Airline:燃料補給状況を追跡のブロックチェーン利用に成功
ロシアの国営石油会社Gazprom Neftとロシアの航空会社S7 Airlinesは、航空機への燃料補給のプロセスにブロックチェーンベースのシステム開発と実装を成功したことを発表した。
ロシア:仮想通貨ユーザーの12%が仮想通貨の利益が主な収入源であると回答
ンタビュー回答者の中のほんの1%のみが、仮想通貨が将来的に弾けるバブルであると考えており、ほとんどの人々が仮想通貨がバブル絶頂期には属さないと回答しています。しかし、一方で、大多数のロシアの仮想通貨ユーザーは、価格のボラティリティおよび、複雑な取引が仮想通貨普及への足枷となっていると考えています。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら