CoinPostで今最も読まれています

スポーツ用品メーカーのミズノ初のNFTコレクション、OpenSeaで発売

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ミズノがWeb3進出

総合スポーツ用品メーカーのミズノ株式会社は24日、オリジナルNFTコレクション「MIZUNO NFT COLLECTION」の販売計画を発表した。NFTの発売はミズノにとって初めての取り組みとなる。

「MIZUNO NFT COLLECTION」は、「スポーツ・アスリート・アーティスト・ギアをつなぎ、スポーツの新たなアプローチで幅広い人々に関心を持っていただき、アスリートおよびスポーツギアがこの先も色あせることなく記録され、世界中の人々に大切にされ続けること」をテーマに生み出されたNFTコレクション。

NFT販売サイト大手OpenSeaで、2月24日11時(日本時間)からオークション販売を開始する。オークション期間は2月24日11時〜3月31日24時(日本時間)で、暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)での購入を受け付ける予定。

購入方法としては、各国ミズノのHP特設サイトから、NFT販売サイトであるOpenSeaにアクセスし、オークションに参加可能だ。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーン上で管理・取引を行うことで、デジタルコンテンツの作成者、保有者、取引履歴などの情報が保存される。固有のIDが付与されることにより、唯一無二のものであることが証明される。

▶️仮想通貨用語集

MIZUNO NFT COLLECTION

ミズノのNFTコレクションは、以下の3つのカテゴリー全19点で構成される。また、②のNFTにおいては、希望サイズの「世界に一足だけ」の実際のシューズがもらえる権利が付帯する。

①柔道:「MIZUNO JUDO ALL JAPAN」:3種×各1点
日本の伝統的なスポーツである柔道について、全日本柔道連盟協力の下、トップアスリートの姿を力強く特徴的な姿で描くことで有名なアーティストRyokke Draw氏が創作したデジタルアート。

Ryokke Draw

格闘技のイラストを主軸とするフリーランスイラストレーター。米国スポーツ専門チャンネルのソーシャルメディアグラフィックスなど様々なアートワークを手掛ける。

▶️仮想通貨用語集

②ランニング:「MIZUNO WAVE REBELLION PRO」:7色×各1点
2023年1月にグローバルで販売を開始した、陸上短距離スパイクの形状から発想を得た独特の新形状を持つランニングシューズ「WAVE REBELLION PRO(ウエーブリベリオンプロ)」のデジタルアート。

③フットボール:「MIZUNO α」:3色×各3点
2022年11月にグローバルで販売を開始した、ハードワークとスプリントに特化した軽量人工皮革サッカーシューズの世界戦略モデル「MIZUNO α」のデジタルアート。

ミズノのWeb3進出は、Web3(分散型ウェブ)ディベロップメントカンパニーの株式会社Gincoのサポートにより実現した。Gincoは、企業のWeb3進出を企画・要件定義段階から開発まで一気通貫でサポートしている。

2023年に入り、国内大手企業のWeb3事業、及び支援する取り組みが増えている。2月17日には、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社がWeb3スタートアップのインキュベーションプログラムを開催するため、日本発のパブリックブロックチェーンAstar Networkファウンダーの渡辺創太氏の新会社Startale Labsと提携したことが明らかになった。

関連:Startale Labs、ソニーネットワークコミュニケーションズとWeb3起業支援事業共催へ

また、IT大手の富士通は2月6日、Web3サービスの企画や実証実験などを目的としたプラットフォーム「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」を発表していた。

関連:富士通が「アクセラレーションプラットフォーム」提供へ Web3ビジネス開発に意欲

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/02 土曜日
08:30
米株指数・日経平均高値更新、ビットコインは62000ドル台を維持
今週の米ナスダックや日本の日経平均が史上最高値を更新。AI・半導体ブームが相場を大きく牽引。日本市場では日経平均が金曜日の取引日で最高値を再び更新し節目の4万円にあと90円まで迫ってきた。
06:45
「Optimism」、デルタ・アップグレードで手数料をさらに削減へ
ブロックチェーンの間接的な固定コストを最大90%超削減できると期待されるアップグレード「Delta」について、仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」の開発チームが解説した。
06:00
16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始
ビットコインETFへの機関投資家の資金流入を背景にビットコインは今週一時64,000ドルまで高騰し2021年のATHである69,000へと接近しつつある。
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。
06:10
Wormholeの「W」トークン、Bybitに先行上場(プレマーケット)
WormholeはまだWトークンを正式にリリースしていないが、近いうちに発表される可能性があるとされている。PythのX投稿やMad LadsのNFTバッジなどで示唆されている状況だ。
05:40
ミームコイン時価総額大幅増、DogeやBonkがけん引
Dogecoin(前日比+13%)やShiba Inu(+18.5%)、Bonk(+59.5%)が仮想通貨ミームコインセクターを牽引。ビットコインの60000万台復帰でリスクオン志向を強めている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア