仮想通貨技術を用いたBraveブラウザ:一ヶ月のアクティブユーザー400万人突破

Mozillaの共同設立者で、プログラミング言語JavaScriptの生みの親、Brendan Eich氏がTwitterを通して、自身が開発したブロックチェーン技術を用いて作られたBraveブラウザの一ヶ月のアクティブユーザー数が400万人に達し、また公式チャンネルが2万1000、出版社のアカウントが2万6000に達したと報告した。

さらに今秋、Brave社が発行する仮想通貨BATをスマホと統合し、年末までに月間500万人以上のアクティブユーザー到達を目指すとのこと。

Eich氏は、来年は月1,200万人以上のアクティブユーザーを獲得すると見込んでおり、現状のペースで成長を続けると、それ以上のアクティブユーザーを獲得することが予想される。

参考記事:Brave Browser Reaches 4 Million Monthly Active Users, 26,000 Publisher Accounts

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

元Ripple社CTOトーマス氏が目指す新たな広告収入モデル:新会社Coilクローズドベータ版公開
Ripple社元CTO ステファン・トーマス氏(以下トーマス氏)は5月Coilという新会社を設立、そして今回クローズドベータ版を開始したことを発表しました。Coilは第三者を介さず、ウェブサイトに直接収入を与える仕組みを構築しようと試みています。
ビットコインなど、仮想通貨の短期取引における『7つの注意点』
WEBメディアのBrave NewCoinは8月2日、仮想通貨のデイトレードで侵してしまいがちな「7つの過ち」をまとめた記事を公開。FOMOやFUDに沿って取引を行う、不適切なツールを使用する、テクニカル分析の過信などを挙げた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら