米Yahoo!ファイナンスのトップページに仮想通貨カテゴリが追加

現在世界で6番目に閲覧数の多いウェブサイトとなっているアメリカのYahoo!ファイナンストップページにおいて、仮想通貨がメインのカテゴリの一つとして追加された。

ニュースだけではなく、動画も含めた独自のコンテンツが配信されており、さらにはCrypto Compareを参照した各通貨のリアルタイムの時価総額なども掲載されている。

また、Coindesk、Bloomberg、CNBC、FX Empireなどといった大手ニュースサイトから記事のリンクを集めてきて一括して閲覧できるページも用意されている。

直近では、ユーザーがCoinbaseとRobinhoodのアカウントをリンクすることで、Yahoo!ファイナンスのページ上で保有通貨の情報を確認したり、通貨の取引ができるように機能が追加されている。

Yahoo!の親会社であるOath社は自社サービスで月間2億1100万人ものユーザーを得ており、これまで以上に幅広い層からの仮想通貨への関心が高まることが期待される。

参考記事:The World’s 6th Biggest Website Is Integrating Crypto in a Major Way

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ビットコイン提唱者が語る:仮想通貨を保有する最適な期間とは|Yahoo Financeインタビュー内
仮想通貨投資コンサルタント企業Crypto.IQの共同創立者兼アドバイザーCharlie Shrem氏は、「仮想通貨を保有(ホールド)するスパンは、最低でも5年」と強調、ボラティリティが高い中でもリサーチと新たな金融資産の将来性への投資を促した。
米ヤフーファイナンス:ビットコイン、イーサリアムなど4種類が仮想通貨プラットフォームで売買可能に
米ヤフーファイナンスの売買プラットフォームで、仮想通貨ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコインが売買可能になった。日本のYahoo! JAPANも今秋に仮想通貨取引所のサービス開始を目指している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します