アマゾン社が時価総額「1兆ドル」の偉業達成:AWSブロックチェーンネットワークの期待高まる

世界最大手のネット通販企業、アマゾン社の株価時価総額が、一時1兆ドル(約112兆円)を突破した。

アマゾン社は、看板事業のオンラインショッピングにとどまらず、クラウドサービスAWS(アマゾンウェブサービス)などでも急速に事業を拡大し続けている。

以前コインポストでも報道したように、アマゾン社は今年4月、アマゾンウェブサービス(AWS)にて、イーサリアム及びHyperledger Fabricを使用したブロックチェーンネットワークを迅速かつ容易に構築・展開できるテンプレートを導入することを発表しており、名実ともに世界第2位の企業によるブロックチェーン展開に、仮想通貨業界からも期待が高まっていると言えるだろう。

このように、アマゾンは新しい技術を取り入れ、今後も既存のテック市場に革命をもたらしていくものと思われる。

さらに、取引高世界No.1の仮想通貨取引所Binanceの代表者CZ氏も、アマゾンのマイルストーンを取り上げ、「歴史上初めて10兆ドルを突破する企業は、仮想通貨企業になるのではないか」と言及。仮想通貨・ブロックチェーン業界に対する期待感を見せた。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

アマゾンWebサービス:イーサリアム及びHyperledger Fabricブロックチェーンのテンプレート公開
ユーザーは、ブロックチェーン自体の一般設定に時間やエネルギーを割くのではなく、ブロックチェーンアプリケーションの作成に集中できるようになります。また分散化されたコンセンサスアルゴリズム、スマートコントタクト機能、アクセス権限の特性を提供予定です。
アマゾンウェブサービス(AWS)がブロックチェーンフレームワークを導入
世界有数のEC企業Amazon(アマゾン)の「AWS(アマゾンウェブサービス)」は、ブロックチェーンフレームワーク「AWS Blockchain Templates」の自社クラウドサービス導入を発表しました。最近では、中国の大手スマホメーカー「Huawei」社のクラウドサービスでも、ブロックチェーン開発支援を表明するなど、大手企業の参入が相次いでいます。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します