半年間で25倍の成長率に:ビットコインのライトニングネットワークが順調に拡大

1MLのライトニングネットワークデータ
ビットコインライトニングネットワークの専門検索、分析サイトである「1ML」にて、ネットワークキャパシティが100BTCを上回り、ノード数、チャネルともに前月比で大幅上昇。順調に拡大中であることが明らかになった。
ライトニングネットワークとは
ビットコインのスケーラビリティ問題解決のため、取引承認をブロック以外でも可能にする、パブリックブロックチェーンの2nd Layerに当たる技術。 直接繋がりのない2者間でのマイクロペイメント(1円以下の小額送金・少額決済)を実現することができる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

1MLのライトニングネットワークデータ

ライトニングネットワーク専門の分析、検索エンジンであるウェブサイト「1ML」によると、ビットコインライトニングネットワークのキャパシティが遂に100BTCを超え、ノード数が3,350ノード、チャネルの数も12,000チャネルを上回るなど、急速に拡大を続けていることが明らかになりました。

そのキャパシティ、ノード数、チャネル数は、前月比でそれぞれ+7%、+10.39%、+44%の上昇を記録しています。

出典:1ML

ライトニングネットワークは、ビットコインの手数料高騰、取引遅延をはじめとするスケーラビリティ問題などを解決するために開発されたオフチェーンソリューションであり、アメリカのスタートアップ企業「Lightning Labs」が先陣を切って開発を進めています。

ビットコインは、その手数料の高騰からマイクロ決済に向いていないとされていましたが、ライトニングネットワーク実現によって、手数料が大幅削減でき、日常生活の支払いなどに重宝されるマイクロ決済を行うことが出来るようになるとされています。

Kevin Rooke氏のTwitter(@kerooke)で投稿された下の図を見ても分かる通り、今年2018年2月1日には、キャパシティが僅か4BTCだったことから、約半年間で25倍もの成長を遂げていることは、非常に注目すべき関心の高まりであると言えるでしょう。

さらに、ライトニングネットワークノード開設を容易に行える端末などを販売する仮想通貨関連企業Casaでインフラエンジニアを務めるJameson Lopp氏は、自身のTwitter(@lopp)にて、そのキャパシティの驚異的な高まりから”年内には、数千BTCほどの規模になっているのではないか”と記述しました。

ライトニングネットワークの発展

ライトニングネットワークは、ビットコインの重大な問題を解決する可能性を秘めていますが、7月15日時点で、仮想通貨レビューサイトShitcoin運営者のAndreas Brekken氏が運営するノードが、キャパシティの50%以上に達するなど、寡占化が危惧されています。

しかし、仮想通貨ライトコイン(LTC)の創業者であるCharlie Lee氏は、自身のTwitter(@SatoshiLite)にて、今後のライトニングネットワークの普及について、以下のように示唆しました。

将来的に「ライトニングネットワーク」は、ネットワークルーターに事前に組み込まれるだろう。

それがデータや支払いの中継地点となった結果、ライトニングネットワーク取引やアトミックスワップによる取引手数料から利益を得ることが出来るようになる。

仮想通貨でプリペイド携帯支払いを受け付けるBitrefillのCEOを務めるSergey Kotliar氏は、ライトニングネットワークがスケーラビリティ問題の永久的な解決策になることは難しいと語る一方で、仮想通貨の機能を10倍、または100倍ほど高め、次なる解決策が見つかるまでのつなぎの役割としては十分に機能すると主張しました。

なお、近日中に行われるビットコイン(BTC)のアップグレードでは、新しい”言語”の追加、および、Partially Signed Bitcoin Transactions(PSBT)の採用などが見込まれており、機能や応用性の向上が期待されています。

CoinPostの関連記事

ライトニングネットワークのキャパシティの過半を一つのノードが占有
Shitcoin.com運営者のノードのキャパシティがこの一週間で急増し、ライトニングネットワーク全体の過半を占める異常事態が起きている。しかしこのノードの目的は、以前から指摘されているライトニングネットワークの寡占化の問題を調査することにあると思われ、危険性は低い。
ライトニングネットワークとNFCの融合|新時代のビットコイン決済へ
開発者の一人が、LNとNFC(日本のNFC準拠規格:Suicaなど)を融合した新決済システムを提案しました。スマホをかざすだけでBTC決済可能な上、領収書やクーポンなどの情報を記載した「HTMLレシート」も発行可能としています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら