CoinPostで今最も読まれています

GMOコインが「板取引」の仮想通貨売買サービスを開始|メリットとデメリット

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

GMOコインが「板取引」サービスを開始
東証一部上場企業が経営基盤の仮想通貨取引所「GMOコイン」は9月5日、投資家需要の高い「板取引」の仮想通貨売買サービスを開始した。板取引のメリットと、GMOコインの特長をまとめて掲載している。

GMOコインが板取引サービスを開始

GMOコイン株式会社は9月5日、運営する仮想通貨交換所「GMOコイン」にて、板取引の仮想通貨売買サービスを開始しました。

仮想通貨の売買方法には、大きく分けて「販売所(店頭取引)形式」と「取引所(投資家同士の売買)形式」の2種類が存在します。

取引所から仮想通貨を直接購入できる「販売所形式」は、その性質上スプレッド(購入価格と売却価格の差額のことで、取引する際に発生する手数料の一種)が開きがちで、簡易的にクイックで購入できるメリットがある反面、相対的に手数料が高くなりがちな問題がありました。

出典:GMO公式

取引所形式では、投資家同士が、自分で売買したい価格を設定して注文を出す板取引を行うことが可能です。

買い板と売り板を並べる位置や数量が全て確認できるため、チャート上からは判断できない他の投資家の売買需要を読み取ることができるというメリットがあります。

GMO公式サイトでは、

歩み値(約定された取引履歴)、チャートを組み合わせ、指定した価格で購入(指値)など、自由にお取引いただけるのが取引所最大の魅力

と紹介されています。

現物取引のほか、「最大10倍のレバレッジ取引」も可能ですが、「1回あたりの注文は最大2BTC、1日最大1,000BTC(約7億円相当)までしか売買できない」という制限が掛けられています。

1トレードで数十〜数百枚動かすような大口トレーダーが参加できないことは一長一短ありますが、取引所、及び投資家保護の一環として理解を示す向きがある一方で、十分な出来高を確保出来ないと注文板が薄くなりがちなので、ビットコインFXの取引量が多いbitFlyer、BitMEX、‎Bitfinexなどの取引所と比較すると、「流動性の面ではデメリットになり得る」と言えるでしょう。

GMOコインの特長

GMOコインのメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

東証一部上場企業の安心感

GMOコインは、日本の大手企業の中でも厳格な審査基準をクリアした「東証一部上場企業」である、GMOインターネットグループの一員であり、盤石な経営基盤に加え、FX取引高世界第1位のFX事業や証券事業で培ってきた豊富な金融ノウハウがあり、大手取引所の中でも、信頼と実績の面は申し分ないと言えるでしょう。

また、2017年9月に金融庁から「仮想通貨交換業者」として登録されており、国に認可された大手取引所として運営されています。

トレーディングアプリの使いやすさ

出典:GMO ビットレ君

GMOコインが提供するトレーディングアプリ「ビットレ君」は、1タップで即時注文ができる他、全9種類のテクニカル指標が利用できる便利な「チャート機能」を備えています。

取引アプリの中でも特に評判が良く、ビットコインFXの有名トレーダーにも重宝されています。

GMOコイン仮想通貨FX最強アプリ【ビットレ君】の使い方
『ビットレ君』はGMOコインが提供する、仮想通貨FX専用アプリです。スマートフォンでもかなりの使いやすさが評判になっています。スプレッドも他社と比較してもダントツの安さになっておりサーバーの強さも魅力の1つになっています。
▶️GMOコインの登録はこちら ▶️GMOコインの口座開設方法はこちら

CoinPostの関連記事

仮想通貨取引所の比較ランキング
ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアムなどを取り扱う国内大手仮想通貨取引所のメリットについて、通貨ごとにランキング形式で紹介。
国内全仮想通貨取引所の取り扱い通貨一覧
全ての取引所の取り扱っている通貨の種類を知りたい方、自分の欲しい通貨を取り扱っている取引所の中でも、おすすめの取引所が知りたい方のために、取引所一覧や、通貨別おすすめ取引所を紹介します。
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/28 火曜日
15:58
米マイクロストラテジー会長「ビットコインETF承認で資産クラスとしての地位は確固たるものに」
米マイクロストラテジー社のマイケル・セイラー会長は、今年1月に米国でビットコイン現物ETFが承認されたことで、機関投資家にとってビットコイン投資の地位が確固たるものとなったとその重要性を強調した。
13:50
Ledger Stax™配送開始 世界初の湾曲E Ink®タッチスクリーン搭載ウォレット
Ledger社が革新的なセキュア・タッチスクリーンデバイス「Ledger Stax™」の配送を開始。世界初の湾曲E Ink®スクリーンで暗号資産(仮想通貨)管理が簡単に。2024年夏に新規注文再開予定。
12:45
イーロン・マスク氏のAI企業「xAI」、9,400億円を調達
イーロン・マスク氏が設立したAI企業「xAI」は約9,400億円を資金調達した。「xAI」は3月、GPT4に匹敵するAIモデル「Grok-1.5V」をリリースしている。
12:25
7万ドル弱で揉み合うビットコイン、PEPEコインは過去最高値を更新
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが7万ドル目前で推移する。イーサリアムETF承認でミームコイン相場の投機熱が高まり、PEPEコインが過去最高値を更新し時価総額TOP20入りする場面もあった。
10:25
アービトラム、Web3ゲーム開発への出資で投票実施中 賛成多数
イーサリアムL2アービトラムのコミュニティはゲーム開発に2億ARBトークンを割り当てる提案の投票を開催中だ。現時点で賛成が多数を占める。
09:35
アルゼンチン、エルサルバドルからBTCについて情報収集
仮想通貨ビットコインの法定通貨化などについて情報収集するため、アルゼンチンの規制機関がエルサルバドル当局と会合を開いた。今後の計画も明らかになっている。
08:28
世界のビットコインETF、保有額100万BTC超え
米国の仮想通貨ビットコイン現物ETFへのエクスポージャーの20%以上が、大口投資家や機関投資家によって保有されていた。大手ヘッジファンドや、投資銀行、さらにはウィスコンシン州の年金基金までも含まれる。
07:20
JPモルガン「SECはETH以降はETFを承認しない可能性」
米SECはイーサリアム以降ソラナや他の仮想通貨の現物ETFを承認しない可能性があるとJPモルガンは分析。同社の幹部がその根拠を説明している。
07:00
フレンドテックの仮想通貨「FRIEND」急落、Baseチェーン離脱を嫌気か
Friend.techの移転先に関しては、L2ブロックチェーン「Blast」やソラナなどが候補に上がっている。
06:10
野村とGMOが提携、日本でのステーブルコイン発行を検討
野村證券とその仮想通貨資産子会社であるLaser Digital(レーザーデジタル)は、GMOインターネットグループと提携し、日本でのステーブルコインの発行を模索している。
05:45
トランプ氏の仮想通貨ウォレット、保有資産15億円超え 
元大統領で共和党の有力大統領候補であるドナルド・トランプ氏に関連する仮想通貨ウォレットは、一時約1000万ドル相当の資産を保有していることが確認された。
05/27 月曜日
17:59
The Graph、AI推論とエージェントサービス導入へ AI駆動型アプリケーションの開発を強化
The Graphのコア開発チーム「Semiotic Labs」は28日、AI(人工知能)サービスを提案する新しいホワイトペーパーを発表し、The Graph上に構築されたChatGPTを基盤としたプラットフォーム「Agentc」の公開デモを公開した。
15:59
FTX、残り保有分のソラナ4000億円相当をディスカウントで売却完了 
22年11月に経営破綻した仮想通貨取引所FTXは、保有していたソラナ(SOL)26億ドル相当を大幅な割引価格で売却完了した。パンテラキャピタルなどが購入している。
14:55
イーサリアム共同創設者ルービン氏「ETF承認はゲームチェンジャー」
米Consensys CEOでイーサリアム共同創設者のジョセフ・ルービン氏は、イーサリアム現物ETFが業界の予想に反してSECから承認されたことは、米国における仮想通貨の流れを大きく転換させるものだとの考えを示した。
12:15
ETF米国初承認のイーサリアム週足大陽線、BTCドミナンスに変化の兆しも
暗号資産(仮想通貨)市場ではETFが米国で初承認されたイーサリアムが週足大陽線となり、強気シグナルが出ている。ビットコイン(BTC)ドミナンスに変化の兆しも見受けられ、一部ミームコインが買われている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア