CoinPostで今最も読まれています

「GM Radio」 次回はZK活用のクロスチェーンインフラ企業「Polyhedra」らが参加

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

第20回 GM Radio開催

CoinPostが新設したグローバル版であるCoinPost Globalが5日に配信した第19回「GM Radio」では、ゲストにLayerZero LabsでSpecial Projects部門に所属するMax Power氏と、CoreDAOの初期貢献者であるBrendon Sedo氏とDenali Marsh氏を招き、「ビットコインとイーサリアムの活用」を題材としたインタビューを実施した。

通常はアーカイブを聴くことができるが、今回は技術的な問題で配信を途中で終了し、Twitterスペースのリンクを削除済み。第19回のゲストについては、近くに再配信を予定している。

今回のゲスト紹介

第20回GM Radioは、4月10日(月)の21:00から「CP_Global」のTwitterスペースで配信予定。今回はゲストに、アニモカブランズ(以下、アニモカ)のRobby Yung CEOと、Polyhedra Network(以下、Polyhedra)のAbner Jia CEOを招待する。

▶️CP_GlobalのTwitterをフォロー

Polyhedraは、ネットワークの相互運用を実現するためのインフラを開発。ゼロ知識証明を広く活用していることが大きな特徴だ。

ゼロ知識証明とは、証明(Proof)プロトコルの一種。証明者が「自身の主張が真実であること」以外の情報を検証者に開示することなく、その主張が「真実である」と証明する仕組みを指す。ブロックチェーン領域では現在、主にプライバシーとスケーラビリティの課題解決にゼロ知識証明が利用されている。

Polyhedraも相互運用に加え、プライバシーやスケーラビリティにも注力。ゼロ知識証明を活用し、暗号資産(仮想通貨)やメッセージを送信したり、データを共有したりして、Web2とWeb3のシステムをつなごうとしている。

同社が開発しているプロダクトは以下の3つ。

  • zkBridge:クロスチェーンのインフラ
  • ZK-DID:検証可能なIDシステム
  • ZK-NFT:資産とデータの相互運用に利用するNFTプロトコル

Polyhedraは今年、2回の資金調達を実施。1回目は2月で1,000万ドル(現レートで約13億円)を調達しており、このラウンドはバイナンスラボやPolychain Capitalらが出資した。アニモカはこの資金調達に参加している。

関連NYダウ大幅下落、コインベース決算予想超え ポリゴン人員削減など|22日金融短観

また、2回目の資金調達は今月。Polychain Capitalが主導し、1,500万ドル(約19.6億円)を調達した。

アニモカとは

アニモカは、2014年に香港で設立された大手Web3企業。GM Radioには第2回の配信でも招待しており、今回で2回目の参加となる。

関連第2回「GM Radio」開催へ、ゲストはWeb3大手アニモカ・ブランズの会長ら

同社は、メタバース系ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」を筆頭に「Blowfish Studios」、「Grease Monkey Games」、「Eden Games」などを所有。外部投資先は380社以上に及ぶ。主な提携グローバルブランドには、Disney、WWE、Formula 1®などがある。

2022年2月には、日本における戦略的子会社「アニモカブランズ株式会社」の設立と日本進出を発表。また同時に、アニモカブランズ株式会社が、シードラウンドで約11億円の資金調達を完了したことも公表した。

最近ではNECが2023年3月、アニモカを含む2社との提携を発表。ゲームをはじめ、コンテンツ(IP)等エンターテインメントを中心に、Web3領域におけるデジタルウォレット市場の創出・拡大を目的に、同年4月から協業する旨の了解覚書(MOU)を締結した。

関連NECがアニモカらとMoU締結、web3デジタルウォレット市場の創出・拡大目指す

今回のGM Radioの配信タイトルは「ゲームにおけるゼロ知識証明技術」。アニモカとPolyhedraの関係や今後の計画などについて質問していく。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。
12:23
50000ドル台で揉み合うビットコイン、イーサリアム先物市場に過熱感も
暗号資産(仮想通貨)市場では半減期を控えるビットコインが50000ドル台で一服。続伸中のイーサリアムは先物市場のOI(未決済建玉)に過熱感も見受けられる。
11:30
スタートアップ育成のY Combinator、ステーブルコインへの取り組み推奨
Y Combinatorはスタートアップ企業への推奨分野を発表。「ステーブルコインを使った金融」にも巨大なチャンスがあると述べている。
10:00
仮想通貨投資商品、1週間で約3,700億円の純資金流入を記録ーCoinShares
CoinSharesによると、仮想通貨投資商品への1週間の資金流入額が急増。約3,680億円となった。ビットコイン現物ETFが牽引したとみられる。
08:30
ヴィタリック・ブテリン氏、イーサリアムのAI活用に期待
仮想通貨イーサリアム最大の技術的なリスクはバグだとし、イーサリアム共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、コードの検証やバグの発見にAIを活用できるようになることを期待していると述べた。
07:30
バイナンス、Roninチェーンのゲーム「Pixels」トークン新規上場 20%高
仮想通貨PIXELトークンはバイナンスなどへの新規上場で価格が高騰している。Pixelsが昨日トークンのエアドロップを実施した。
06:30
Starknetのエアドロップ取得日確定、DeFiへ4000万STRK付与も
日本時間2月20日21時よりStarknetの仮想通貨STRKが取得可能になる。このエアドロップを見逃したユーザーはDeFiへのインセンティブプログラムに参加することができる。
06:00
ソラナBackpackウォレット、Wormholeを搭載 マルチチェーンスワップ可能に
Backpackのユーザーはウォレット内で、ソラナブロックチェーンとイーサリアムブロックチェーンの間でトークンのブリッジとスワップができるようになった。利便性が向上しクロスチェーンスワップのUXが改善される。
02/19 月曜日
17:24
分散型ストレージ「Filecoin」がソラナと提携
分散型ストレージネットワークのファイルコインは、ソラナ(SOL)との戦略的提携を発表。ファイルコインの分散型ストレージ機能を活用することで、ソラナはネットワークの信頼性、拡張性及びセキュリティの向上を目指す。
12:35
著名投資家ピーター・ブラントが痛烈批判、ゲンスラーSEC委員長の能力に疑問を呈す
著名投資家ピーター・ブラント氏は米SECのゲンスラー委員長を批判した。MFグローバル破綻などに関する過去の疑惑を引いて信頼性に疑問を呈した。
11:34
イーサリアム大幅続伸で3000ドル台迫る、ビットコインも底堅く推移
暗号資産(仮想通貨)市場では大型アップグレードDencunのメインネットローンチを来月に控え、現物ETF承認思惑のあるイーサリアムが大幅続伸した。アルトコイン市場では、ChatGPTを開発したOpen AIのサム・アルトマンCEOらが主導するWorldcoin(WLD)の急騰も目立った。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
重要指標
一覧
新着指標
一覧