リップル、英国大手送金サービス企業TransferGoと提携:ついにインド市場へ参入か

リップル社がイギリス拠点の送金サービスTransferGoとの提携を発表した。

今回の提携によって、TransferGoには新機能が追加され、インドからヨーロッパのどこにでも即座に送金が可能となった。

リップル社としても初のインドへの進出となり、市場の80%を銀行3社で占めているインドの金融市場での覇権を取るための最初のステップとしている。

インドのような急速に成長している地域においては即時送金の需要は高く、これまで送金に最大3日かかっていたSwiftのシステムからリップルへの切り替えをTransferGoが決定したのは必然とも言える。

今後、さらにインドとヨーロッパ間の送金手数料を無料にしていく予定だ。

参考記事:Ripple Is Partnering With TransferGo To Make Life Easier For Indians

CoinPostの関連記事

国際送金会社TransferGoが米リップル社のブロックチェーン技術を使用:インド市場の普及率を後押し
国際送金会社TransferGoが、米リップル社のブロックチェーン技術を使用したリアルタイム国際送金を開始した。数千億円規模の市場とされる「ヨーロッパ→インド」の送金を可能にする。
リップル社プロダクト(RippleNet、xCurrent、xRapid、xVia)の違いと採用企業まとめ
リップル社のプロダクト(RippleNet、xCurrent、xRapid、xVia)と採用企業をまとめました。Rippleのプロダクトのうち、XRPが利用されるのはxRapidです。提携企業がどのプロダクトを採用するかに注意が必要です。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します