CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン相場、来週は週央から大きく動く可能性|bitbankアナリスト寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週(4/1(土)〜4/7(金))の仮想通貨相場

国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。


目次
  1. ビットコイン・オンチェーンデータ
  2. bitbank寄稿

ビットコイン・オンチェーンデータ

BTC取引数

BTC取引数(月次)

アクティブアドレス数

アクティブアドレス数(月次)

BTCマイニングプールの送金先

取引所・その他サービス

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

4/1(土)〜4/7(金)の週次レポート:

今週のビットコイン(BTC)対円相場は370万円で揉み合いに終始している。

OPEC+の突然の減産表明を受けた原油価格の急上昇、延いてはインフレ加速懸念からドル高が週明けのBTC相場を圧迫するも、米景気減速懸念からその後ドルが急落すると、金(XAU)相場の上昇に連れ高となり、BTCは380万円回復をうかがった。

一方、週明けの米株式市場はテクノロジー株に売りが入り、BTC相場は反落。さらに、バイナンスのCZがインターポールから国際指名手配されたとの噂がツイッターで広まると、370万円を割った。

しかし、CZが即座に噂を否定するとBTCは買い戻されジリ高に転じ、イーサ(ETH)相場の上昇に連れて370万円を回復。週央にETHが9ヶ月ぶりに1,900ドルに乗せると、BTCは再び380万円乗せをうかがったが、ドル建てで21年安値がレジスタンスとなり失速した。

その後、3月のADP雇用レポートで月間の民間部門雇用者増加数が市場予想以下となり、BTCは一時的に上値を試したが、景気後退懸念が米株先の重石となると、米供給管理協会(ISM)のサービス業PMIも下振れ米株をさらに圧迫。BTCは株安に連れて上値を重くし、ドル建てで節目の2.8万ドル水準まで押した。

足元では、バイナンスがオーストラリアでデリバティブ(金融派生商品)取引免許の剥奪と悪材料も確認されているが、2.8万ドル水準で小幅に揉み合いとなっている。

【第1図:BTC対円チャート(1時間足)】出所:bitbank.ccより作成

今週はISMの製造業PMI、サービス業PMI、JOLTs求人件数、ADP雇用統計が軒並み悪化し、米国債利回りは全ての年限で低下した一方、景気後退懸念が台頭し米株が軟化したことでBTCは綱引き状態となった格好か。ただ、今夜(7日)の米雇用統計は、米連邦準備制度理事会(FRB)の政策に与える影響が大きいことから、JOLTsやADPに倣って弱めに出れば、5月の利上げ見送りを織り込む動きが加速し、BTC相場にはプラスとなるだろう。

BTC相場は高値揉み合いとなってから3週間ほど経つが、テクニカル的には来週にも動きが出てきてもおかしくない。一目均衡表では、相場トレンドが変化しやすいタイミングを示す時間論があり、その中で足元のトレンドが「一期」すなわち26日経過すると、トレンドに変化が出やすくなると言われている。

足元のBTC対ドルチャートは、先月18日から2.8万ドル周辺での揉み合いが続いており、来週には遅行線(第2図内青線)がローソク足の実体に追いつき、揉み合いが始まってから一期経過したことを示してくれる。

【第2図:BTC対ドルと一目均衡表(日足)】出所:Glassnodeより作成

奇しくも、高値揉み合いから一期が経過する直前には3月の米消費者物価指数(CPI)が控えている他、イーサリアムの上海アップグレード実施が予定されており、来週は週央からの相場が大きく動く可能性が高いと言えよう。

一目均衡表では強い買いシグナルとされる「三役好転」、移動平均線でも買いシグナルとされる「パーフェクト・オーダー」(短中長期線が上から順に推移する現象)が起きている他、RSIからも過熱感は確認されず、テクニカル的には上方へのブレイクアウトが期待されるが、まずは7日の米雇用統計を無事に通過できるかに注目したい。

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回のレポート:XRP筆頭に堅調のアルトコイン、ビットコインも引き続き強気か

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/15 月曜日
16:12
香港当局、ビットコインとイーサリアムの「現物ETF」を上場承認
香港当局は15日、アジア初となるビットコインETFとイーサリアムETFの上場承認を行なった。中国マネーの流入や米SEC(証券取引委員会)におけるイーサリアム現物ETFへの影響が注視される。
13:52
オーストラリア当局、無認可の仮想通貨マイニング企業3社を提訴 
豪当局は仮想通貨マイニング企業3社を提訴した。金融ライセンスを取得せずに、年金ファンドで仮想通貨関連商品に出資するよう勧誘していたとされる。
11:52
ビットコイン急落後の週明け相場、2400億円相当の大規模ロスカットも
イスラエルとイランの対立先鋭化および中東情勢悪化に伴いビットコイン(BTC)など暗号資産(仮想通貨)相場が暴落して迎えた前週末。先物市場では2400億円相当の大規模ロスカットが発生した。
11:24
米コインベース、対SEC裁判の証券性判断めぐり中間控訴求める 
米仮想通貨取引所コインベースは、米SECとの訴訟で、投資契約の定義をめぐり控訴裁判所に中間控訴する許可を求める書面を提出した。
04/14 日曜日
11:30
ビットコイン過去最高値8万ドルも視野、半減期に向けた地ならし整ったか|bitbankアナリスト寄稿
来週末頃に半減期を迎えるビットコインは、テクニカル的な地均しは整ったとの見方も。国内大手取引所bitbankのアナリストが今後の展望を読み解く。オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|BTC半減期分析に高い関心
今週は、仮想通貨ビットコインの半減期に関するコインベースやアーサー・ヘイズ氏の分析、メルカリにおけるビットコイン決済に関する記事が最も関心を集めた。
04/13 土曜日
12:00
アニモカブランズジャパン、今夏NFTローンチパッド立ち上げへ
アニモカブランズジャパンは2024年夏にNFTローンチパッドを提供開始すると発表した。クリエイターやプロジェクトをNFT販売で多角的に支援する。
11:00
複数の米銀行や金融企業、ビットコインETFに投資
この新たな傾向は、仮想通貨ビットコインに対する機関投資家の関心の高まりを示唆するもので、仮想通貨資産の受容と評価に今後大きな影響を与える可能性があるとみられる。
10:00
モジュラー型ブロックチェーンAvail、エアドロップ計画が浮上
Availがエアドロップを行う計画が浮上している。メインネットのローンチ時に様々なL2ロールアップのユーザーなどが対象となる可能性がある。
08:20
イスラエル情勢懸念で株・仮想通貨から米国債やドルに逃避
NYダウやナスダック、仮想通貨ビットコインは、イスラエルがイランからの直接攻撃に警戒との報道を受け大幅安。また、今週発表の強いCPIデータが6月利下げの可能性を後退させ、タックスシーズンに近づいていることもあり、リスクオフの動きが加速した格好だ。
07:05
「仮想通貨取引の申告分離課税検討すべき」自民党web3PT
仮想通貨取引を申告分離課税の対象にすることを検討すべきなどの提言を盛り込んだホワイトペーパーを自民党web3PTが公開。DAOやNFTなど、ほかにも様々な提言を行なっている。
06:35
香港のビットコイン現物ETF、中国から巨額資金流入の見込み
Matrixportの分析によると、香港の仮想通貨ETFは中国本土の投資家から年間最大250億ドルの需要を引き出せる。
06:10
EVM互換L1「Berachain」、シリーズBで153億円調達
ユーザーはBerachainの「プルーフオブ・リクイディティ」のもとで、ネイティブSwap機能からガストークンBERAを取得し流動性を提供することで、ステーブルコインHONEYをミントしたり、ガバナンストークンBGTを獲得したりすることができる。
04/12 金曜日
15:34
GMOコイン 取引所(レバレッジ)でソラナやドージコインなど追加
取引所(レバレッジ取引)でソラナなど6銘柄追加 暗号資産交換業を展開するGMOコイン株式会社は、2024年4月13日(土)から「取引所(レバレッジ取引)」で6つの新銘柄の取り扱…
15:21
チェーンリンク、高度なセキュリティを提供するブリッジアプリ「Transporter」を発表
分散型オラクルネットワークのチェーンリンク(LINK)は、「クロスチェーン相互運用性プロトコル(CCIP)」上に構築された、安全性の高いブリッジアプリ「Transporter」のリリースを発表した。Transporterは複数のネットワーク間で、安全な仮想通貨やデータの移動を可能にする。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア