CoinPostで今最も読まれています

ConsenSys、MetaMaskカスタマーサポート企業のサイバー攻撃に対応 ユーザー保護策を強化

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

MetaMaskの協力会社が標的に

ブロックチェーンソフトウェア技術企業であるConsenSysは14日、暗号資産(仮想通貨)ウォレット「MetaMask」のカスタマーサポートサービスを提供している外部プロバイダーがサイバー攻撃を受けたことを報告した。

しかし、同社はMetaMaskのブラウザ拡張機能およびモバイルアプリのセキュリティには影響がなく、引き続き安全に利用できると強調している。

この攻撃は、2021年8月1日から2023年2月10日にかけて発生し、カスタマーサポートにEメールアドレスを提出した約7,000人のMetaMaskユーザーが影響を受ける可能性があるという。

不正行為者は、顧客からのリクエストを処理するために使用されていた第三者のコンピュータシステムにアクセスし、MetaMaskのユーザーが提出したサポートチケットを閲覧したとされる。

これらのチケットは返信用にEメールアドレスを取得していたため、フィッシングメール等の脅威に晒されるリスクがあると警告している。影響を受けたユーザーに対し、不審な連絡に警戒し、速やかに報告することが推奨されている。

ConsenSysは、データ収集と初期調査の後、アイルランドのデータ保護委員会および英国の情報コミッショナー事務所に報告した。また、不正アクセスを停止し、脅威が続いていないことを確認している。

また、サポートチケットには「フリーテキストフィールド」があり、一部のユーザーは個人情報を送信した可能性があるとされている。ConsenSyeは、MetaMask側が顧客との会話で個人を特定する情報を求めることはないが、一部ユーザーが「経済・金融情報、氏名、姓、生年月日、電話番号、住所」などを記載した可能性があると述べている。

フィッシング詐欺とは

フィッシングは、ユーザーを騙して攻撃者に機密情報を提供させる詐欺の手口。信頼できる相手や知り合いからのメールを装って行われるケースが多い。

▶️仮想通貨用語集

同社の広報担当者は、海外仮想通貨メディアBeInCryptoに対して、この事件の結果、3人のユーザーが経済的損失を被ったと明らかにしている。

このような事態を受けて、ConsenSysはセキュリティ対策を強化し、再発防止のためにより強力な第三者リスク管理プログラムを導入するなどの対策を講じたと主張。ユーザーの安全を確保するために努力していくとの考えを示している。

関連:初心者でもわかる、仮想通貨ウォレット「MetaMask」の使い方

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
09/30 土曜日
08:25
SBI、XDC Network運営企業と合弁会社設立へ
SBIホールディングスは、UAE拠点のTradeFinexと日本における合弁会社の設立について基本合意した。仮想通貨XDCの上場を望む取引所のサポートなど、新会社の事業を説明している。
09/29 金曜日
18:24
世界のゲーム企業時価総額トップ40企業のうち、29社がWeb3分野を模索
時価総額上位40のゲーム会社の中で、29社がWeb3分野を模索している。NFTゲームの開発を進めているNexon、バンダイナムコ、コナミ、Krafton、スクウェア・エニックス、ユービーアイソフトの7社を中心に動向をまとめた。
16:53
米決済大手PayPal、NFTの購入・送信システムで特許出願
米決済大手PayPalは、NFTの購入・送信システムに関する特許を米国特許商標庁に申請している。オフチェーン取引機能などを備えるものだ。
13:56
BISと各国中央銀行、CBDC取引の実証実験成功
国際決済銀行は、フランス、シンガポールおよびスイスの中央銀行とともに行った、ホールセール中央銀行デジタル通貨(wCBDC)のクロスボーダー取引および決済の実験に成功したと発表した。
13:00
米コインベース、米国外のリテールユーザーに無期限先物サービス提供へ
米大手仮想通貨取引所コインベースは、バミューダ金融庁から米国外のリテールユーザー向けに無期限先物を提供するライセンスを得たと発表した。
12:53
ビットコインやや反発、MakerDAO(MKR)前月比50.0%高の背景は
暗号資産(仮想通貨)相場では米株指数の反発の影響もありビットコインが反発。アルト市場ではMakerDAO(MKR)が前月比50.0%高となり年初来高値を更新した。
12:00
アジア最大級のWeb3カンファレンス「WebX 2024」、ザ・プリンスパークタワー東京で開催へ
国内最大手の暗号資産(仮想通貨)メディアCoinPostは、アジア最大級のWeb3国際カンファレンス「WebX 2024」の開催を発表した。第2回は、ザ・プリンスパークタワー東京で行われる。
11:38
FTX Japanが自動資産証明を導入
FTX Japan株式会社のセス・メラメドCOO、顧客から預かった資産の保全状況を証明するため、新機能「Proof of Solvency」を導入したと発表した。取引所の残高が預かり資産を上回っていることを、改ざん不可能で検証可能な方法で証明する。
10:26
イーサリアムのテストネット「Holesky」起動
仮想通貨イーサリアムのブロックチェーンについて、新たなテストネット「Holesky(ホレスキー)」が起動した。次期ハードフォークDencunに向けた重要なステップであり、開発計画の進展につながる動きだ。
09:00
米SEC、イーサリアム先物ETFを初承認
米SECは、仮想通貨運用企業Valkyrieがイーサリアムの先物に投資するETFを提供することを承認したことがわかった。ビットコイン先物ETFに組み込むとみられる。
09/28 木曜日
18:19
スイ(SUI)がOKCoinJapan上場へ、国内初
暗号資産(仮想通貨)スイ(Sui)がOKCoinJapanに上場することを発表した。国内初。Suiはメタ(旧フェイスブック)が開発を主導した仮想通貨プロジェクトであるディエム(旧リブラ)系L1ブロックチェーンの一つ
16:34
米公聴会「トークン化されたポケモンカードは証券か?」ゲンスラーSEC委員長は答え示さず
米国下院金融サービス委員会は、証券取引委員会のゲーリー・ゲンスラー委員長を招いて公聴会を開催。ゲンスラー委員長による「ルール策定に対する無謀なアプローチ」をはじめ、「デジタル資産エコシステムに対する反対運動」などに懸念を表明し、5時間にわたり、厳しく追及した。
14:58
スマホカメラ活用のNFTゲーム「SNPIT」、秋元康氏が戦略アドバイザーに就任
チューリンガムは、Web3ゲーム「SNPIT」のストラテジックアドバイザーに、著名プロデューサー秋元康氏が就任したことを発表した。SNPIT」は、スマートフォンカメラを利用して撮影した画像を通じて利益を得る、「Snap to Earn(撮影して稼ぐ)」という仕組みを導入する。
14:55
香港、投資商品トークン化のガイドラインをまもなく発表へ
香港証券先物委員会の投資商品担当ディレクターは、認可された投資商品をブロックチェーン上でトークン化することに関するガイドラインを近い時期に発表する予定だと述べた。
12:01
みずほ銀行、熊本県のDX実証事業でAstar Networkと連携
みずほ銀行は、熊本県における「NFT・メタバースを活用した球磨焼酎のブランド力向上」を目指す実証事業を発表した。NFTの発行やメタバース内でのイベント実施を予定しており、日本発のレイヤー1パブリックブロックチェーンであるAstar Networkを活用する。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
重要指標
一覧
新着指標
一覧