CoinPostで今最も読まれています

リヒテンシュタイン首相、行政サービスのビットコイン払い導入計画明かす

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

決済オプションにビットコイン導入

中央ヨーロッパのリヒテンシュタイン公国は、暗号資産(仮想通貨)ビットコインを、国の公的サービスに対する支払いに対して将来的に利用できるようにする方針だ。同国のダニエル・リッシュ首相がドイツ最大の経済新聞「Handelsblatt」とのインタビューで明らかにした。

財務大臣も兼任するリッシュ首相は、特定の行政サービスの決済に「ビットコインでの支払いオプションを導入する予定だ」と述べた。現在の計画では、ビットコインを受領すると即座に自国通貨であるスイス・フランに両替されることになるという。なお、具体的な時期への言及はなかった。

同様の方法は、すでにビットコインとイーサリアムでの州税の納入を受け入れているスイスのツーク州や、ビットコインと2種類のステーブルコイン(USDTとスイスフラン連動のLVGA)を事実上の法定通貨と定めたルガーノ市で導入されている。

関連:スイスのルガーノ市、ビットコインやテザーを事実上の法定通貨へ

リヒテンシュタインはスイスとオーストリアに囲まれた内陸国で、歴史的経緯から両国との法的・経済的関係が深い。小豆島に相当する大きさ(160㎢)で、人口は約3万9,000人。法人税率が低く、個人には所得税が課せられない租税回避地(タックスヘイブン)として知られている。

先進的なブロックチェーン法の整備

リヒテンシュタインはスイスと並び、ブロックチェーン及び仮想通貨産業を育成する法的環境が整備されている。

同国では2019年10月、「トークン及び信頼される技術サービス提供者法(TVTG)」が成立し、2020年1月1日から施行されることとなった。TVTGは一般的にリヒテンシュタイン・ブロックチェーン法として知られており、すべてのブロックチェーン企業ならびに仮想通貨を扱う企業を金融市場庁(FMA)の監督下に置き、登録を義務付けている。

規制の明確性とFMAとの開かれたコミュニケーションは、仮想通貨企業にとって魅力的な要素であり、リヒテンシュタインに拠点を置く仮想通貨企業の数は増加している。

ブロックチェーン法の共同執筆者で、リヒテンシュタイン金融市場革新・デジタル化事務所のトーマス・デュンザー所長は、TVTGは意図的に柔軟で技術に中立的な設計になっているため、幅広いトークンエコノミーへの対応も可能だと述べている。

2016年のTVTG設計当時は、現在の規模の分散型金融やNFTは存在していなかったが、デュンザー氏にとっては、分散化やNFTの流れも想定内だったようだ。

我が国のトークン法では、NFTさえも見越した幅広いトークン化のための基礎を作った。我々は意図的に、ブロックチェーンの現在のユースケースをはるかに超えることを考えつつ、法律制定に臨んだ。

同氏によると、TVTGは「ルールやビジネスモデルベース」ではなく「原則や役割ベース」であるため、技術革新に適応しやすいという。ブロックチェーン法では、利用者にリスクとなる場合は、ビジネスモデルに関わらず規制の対象となる。

テクノロジー主導のイノベーションが急速に進む中、法制度の刷新能力は極めて重要だ。それがなければ、イノベーションを遅らせるだけでなく、法的な不確実性も大きくなる。どちらも国家の利益にはつながらない。

MiCAとの互換性

欧州議会は4月20日、EU全域に適用される統一的な暗号資産市場(MiCA)法案を可決した。TVTGは、トークンの機能による法的な分類方法(トークン・コンテナ・モデル)やライセンス要件などの点で、MiCAのモデルとして機能したという。

そのため、MiCA発効後もリヒテンシュタインの実務に大きな変更はないとみられており、両法は十分に互換性があるとの考えをデュンザー氏は示した。一方、リヒテンシュタインのブロックチェーン法は、民法上の権利も含む「あらゆる種類のトークン化に対する包括的で強固な法的枠組み」を有すると同氏は指摘。「我々は行動する準備が整っている」と強調した。

関連:欧州議会がMiCA規則を承認、仮想通貨に関するEU全域の規制統一へ

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。
12:23
50000ドル台で揉み合うビットコイン、イーサリアム先物市場に過熱感も
暗号資産(仮想通貨)市場では半減期を控えるビットコインが50000ドル台で一服。続伸中のイーサリアムは先物市場のOI(未決済建玉)に過熱感も見受けられる。
11:30
スタートアップ育成のY Combinator、ステーブルコインへの取り組み推奨
Y Combinatorはスタートアップ企業への推奨分野を発表。「ステーブルコインを使った金融」にも巨大なチャンスがあると述べている。
10:00
仮想通貨投資商品、1週間で約3,700億円の純資金流入を記録ーCoinShares
CoinSharesによると、仮想通貨投資商品への1週間の資金流入額が急増。約3,680億円となった。ビットコイン現物ETFが牽引したとみられる。
08:30
ヴィタリック・ブテリン氏、イーサリアムのAI活用に期待
仮想通貨イーサリアム最大の技術的なリスクはバグだとし、イーサリアム共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、コードの検証やバグの発見にAIを活用できるようになることを期待していると述べた。
07:30
バイナンス、Roninチェーンのゲーム「Pixels」トークン新規上場 20%高
仮想通貨PIXELトークンはバイナンスなどへの新規上場で価格が高騰している。Pixelsが昨日トークンのエアドロップを実施した。
06:30
Starknetのエアドロップ取得日確定、DeFiへ4000万STRK付与も
日本時間2月20日21時よりStarknetの仮想通貨STRKが取得可能になる。このエアドロップを見逃したユーザーはDeFiへのインセンティブプログラムに参加することができる。
06:00
ソラナBackpackウォレット、Wormholeを搭載 マルチチェーンスワップ可能に
Backpackのユーザーはウォレット内で、ソラナブロックチェーンとイーサリアムブロックチェーンの間でトークンのブリッジとスワップができるようになった。利便性が向上しクロスチェーンスワップのUXが改善される。
02/19 月曜日
17:24
分散型ストレージ「Filecoin」がソラナと提携
分散型ストレージネットワークのファイルコインは、ソラナ(SOL)との戦略的提携を発表。ファイルコインの分散型ストレージ機能を活用することで、ソラナはネットワークの信頼性、拡張性及びセキュリティの向上を目指す。
12:35
著名投資家ピーター・ブラントが痛烈批判、ゲンスラーSEC委員長の能力に疑問を呈す
著名投資家ピーター・ブラント氏は米SECのゲンスラー委員長を批判した。MFグローバル破綻などに関する過去の疑惑を引いて信頼性に疑問を呈した。
11:34
イーサリアム大幅続伸で3000ドル台迫る、ビットコインも底堅く推移
暗号資産(仮想通貨)市場では大型アップグレードDencunのメインネットローンチを来月に控え、現物ETF承認思惑のあるイーサリアムが大幅続伸した。アルトコイン市場では、ChatGPTを開発したOpen AIのサム・アルトマンCEOらが主導するWorldcoin(WLD)の急騰も目立った。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
重要指標
一覧
新着指標
一覧