スイスのルガーノ市、ビットコインやテザーを事実上の法定通貨へ

仮想通貨の普及を拡大

スイスの都市ルガーノは、ビットコイン(BTC)テザー(USDT)、スイスフラン連動のステーブルコイン「LVGA」の3銘柄を事実上の法定通貨にすることが明らかになった。

今後数カ月の間に、200超の企業や店舗が支払い手段として受け入れるようにするほか、個人や企業の税金、公共サービスの利用料や授業料など幅広い支払いに、この3銘柄を利用できるようにするという。ルガーノはテザー社と協力し、欧州におけるブロックチェーンのハブ(中心地)になるという計画を推進していく。

テザー社は先月、ルガーノを欧州におけるビットコインの中心都市にする計画を発表。その際、3月3日にイベントを開催すると説明し、計画の具体的な内容はイベントで公表すると述べていた。今回は「ビットコインの中心都市」ではなく「ブロックチェーンのハブ」にするとしている。

関連テザー社、スイスのルガーノをビットコインの中心都市とする計画を発表

ルガーノは暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーンに肯定的な都市。イタリア語圏であるティチーノ州最大の都市で、観光地としても知られている。

今回のイベント開催に合わせ、文書でも今後の計画を説明。ルガーノとテザー社はパートナーシップを締結し、支払い手段に上記3銘柄を導入する以外に、ファンドを作ってブロックチェーンのスタートアップ企業らを支援したり、大学や研究機関と協力してブロックチェーン教育もサポートしていく。

今後は普及を拡大し、最終的には上述した3銘柄を市民が全ての支払いに利用できるようにする計画。トランザクションの処理能力を向上させるため、ライトニングネットワークの利用も予定する。また、今年10月に「ビットコイン・ワールド・フォーラム」というイベントを開催する計画も明らかにした。

ライトニングネットワークとは

ビットコインのトランザクションを、メインのブロックチェーンの外で処理することで、処理能力を向上させたり、少額決済を行えるようにしたりできる技術のこと。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します