CoinPostで今最も読まれています

データセンター企業Soluna、米国で新たな仮想通貨マイニング施設を開発へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

約19億円の投資パートナーシップ

データセンター企業Soluna Holdingsは15日、暗号資産(仮想通貨)マイニング施設運営などを行うNavitas Globalと投資パートナーシップを発表した。

提携により得られる約19億円(1,400万ドル)の資金を、米国テキサス州のデータセンタープロジェクト「Project Dorothy 1B」の開発に活用していく計画だ。

このプロジェクトはビットコイン(BTC)マイニングに焦点を当てた合弁事業として行われる。Navitasは、投資家および株式パートナーとして参加。合弁事業「Project Dorothy 1B」の株式49%を取得し、同事業インフラ構築に資金を提供する。

Navitasが提供する資金の内訳は、25メガワット規模の施設を建築するための約3億円(200万ドル)のローンと、約16億円(1,200万ドル)の株式投資だ。

Solunaの方は、施設の運用や保守管理を担当し、合弁事業の株式51%を保有し続けるとしている。

Solunaは、今回の投資パートナーシップおよびテキサス州の他のマイニング施設のホスティング契約などにより、2023年下半期にキャッシュフローがプラスに達する軌道に乗ったと述べた。

再生可能エネルギーでデータセンター運営

Soluna HoldingsのJohn Belizaire CEOは、次のようにコメントしている。

Navitasのチームは、ビットコインマイニングや信頼できるパートナー企業の価値に加えて、再生可能エネルギーの発電所に接続されているインフラストラクチャの長期的な価値も理解している。

Solunaは、ナスダック上場のデータセンター企業。再生可能エネルギーをコンピューティングリソースに変換するデータセンターを開発している。

ビットコインマイニングの他、AI(人工知能)や機械学習などのコンピューティング集約型のアプリケーション向けに、拡張可能なデータセンターを提供しているところだ。

同社は、再生可能エネルギーの電力の最大30%が余剰として無駄になることがあると指摘。Solunaのデータセンターは、こうした電力を購入して活用し、電力企業を支えると述べている。

また、電力供給が需要を上回った場合にはマイニング施設の稼働率を上げ、太陽が当たらない場合や風が吹かない場合など、電力がひっ迫する状況では、稼働率を下げるなど運転を切り替えられる柔軟なデータセンターの構築を進めている。

こうしたことにより、再生可能エネルギーへの移行を後押しするとも説明する形だ。

Marathonの事例

余剰エネルギーを活用する仮想通貨マイニングとしては、米マイニング企業Marathonの例もある。

Marathonは9日、デジタル資産インフラ企業Zero Twoと提携して、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビで大型ビットコインマイニング施設を立ち上げると発表。余剰エネルギーを活用して、送電網のベースロードと持続可能性を向上させるとしている。

関連米マイニング企業Marathon、アブダビで大型施設立ち上げへ

ベースロード電源とは

季節や時間帯を問わず、年間を通じて安定的に維持される電力のこと。

▶️仮想通貨用語集

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/19 日曜日
11:30
オプション市場では6.5万ドルと7万ドルストライクに建玉集中、翌週の展望は?|bitbankアナリスト寄稿
CPI発表後のテクニカル分析や6.5万ドルと7万ドルストライクに建玉集中するオプション市場を踏まえ、bitbankのアナリスト長谷川氏がビットコインチャートを図解。今週の暗号資産(仮想通貨)相場考察と翌週の展望を探る。
11:00
週刊ニュース|金持ち父さん著者キヨサキ氏のBTC投資推奨に高い関心
今週は、金持ち父さん著者ロバート・キヨサキ氏による仮想通貨ビットコイン・金・銀投資の推奨、ジャック・ドーシー氏のビットコインについての発言、GameStop株やミームコインの暴騰に関するニュースが最も関心を集めた。
05/18 土曜日
21:00
Clearpool Prime、アバランチでデビュー RWA対応のプライベート・クレジット市場
Clearpool Primeがアバランチでローンチし、RWA分野に新たな進展。機関投資家向けに安全かつ効率的な取引環境を提供するプライベート・クレジット市場。
17:20
バイナンス上場銘柄の80%が価値低下、ミームコインは異例の上昇 過去6か月の分析
31トークン分析が示す課題 暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)で、過去6か月に新規上場したトークンの80%以上が、その後に価値を落としていることがわかった。ミ…
13:00
米国のビットコイン現物ETFへの5月の流入額、4月の流出上回る
ブルームバーグのETFアナリストは、5月に入ってからの米国ビットコイン現物ETFへの流入は、4月の流出を埋め合わせたと指摘した。
11:10
米下院、SECの仮想通貨規制役割明確化の「FIT21法案」を採決へ
米国下院は、仮想通貨に対する規制を明確化し、CFTCに追加権限を与える「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の採決を行う。
10:15
米コインベース、「来週イーサリアム現物ETF承認確率は30~40%」
米仮想通貨取引所コインベースはイーサリアムの今後を予測するレポートを発表した。ETH現物ETFが承認される時期などについて分析している。
08:50
仮想通貨取引所クラーケン、欧州でUSDT非対応を検討
テザーCEOは最近、MiCA規制を批判し、仮想通貨USDTで規制を受けるつもりはないと述べた。この姿勢が、欧州で事業を行っているクラーケンが、それらの通貨ペアの提供を停止する理由と見られる。
08:00
「仮想通貨上昇の鍵はマクロ経済」コインベース分析
仮想通貨相場上昇の鍵は今もマクロ経済であるとコインベースは分析。他にも、イーサリアム現物ETFの審査など規制動向も注視すべきだとした。
07:10
ソラナ価格、月末までに200ドル復帰か ヘッジファンド創設者が予測
仮想通貨ソラナの今後の価格について、ヘッジファンドSyncracy Capitalの創設者は強気な予測を示した。その根拠とは?
06:10
zkSyncエアドロップ期待再燃、分散化加速のアップグレードを実施予定
zkSyncは未だ独自の仮想通貨をリリースしていないが、主要zkロールアップであるライバルのStarkNetは2月にエアドロップを実施した。
05/17 金曜日
17:34
東京ビッグサイトで第5回ブロックチェーンEXPO【春】開催へ 無料申し込み募集開始
東京ビッグサイトで、日本最大級のブロックチェーン専門展である第5回ブロックチェーンEXPO【春】が開催されます。最新の研究からアプリケーションまで、ブロックチェーン技術のすべてが一堂に出展するイベントは必見です。
13:00
ワールドコイン、秘匿化技術で生体認証データの保護・オープンソース化を発表
暗号資産(仮想通貨)でベーシックインカム実現を目指す、ワールドコイン・ファンデーションが生体認証データ保護にSMPC技術を導入。そのシステムをオープンソース化した。セキュリティとプライバシーを強化するとともに、システムの普及拡大を目指す。
12:32
短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も
CPI発表で急反発を見せた暗号資産(仮想通貨)相場ではビットコイン(BTC)が下降チャネルをブレイクアウトした。16日には賛否両論渦巻くミームコインが相場を牽引する場面も。
12:00
世界最大の証券清算機関DTCC、チェーンリンク活用した「Smart NAV」を実験
世界最大の証券清算・保管機関DTCCは、チェーンリンクを活用した「Smart NAV」の実証実験を行った。JPモルガンなど金融大手10社が参加している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア