CoinPostで今最も読まれています

Apple App Store初の試み、Axie InfinityがiOSで外部NFTを活用 Axie Infinity: Originsを一部地域で公開

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Axie Infinity: OriginsのiOS版

ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity: Origins」のiOS版が、一部地域のApple App Storeでリストされたことが17日に明らかになった。

このリリースは、米Apple社が外部で購入したNFT(非代替可能トークン)の使用を許可する初めての試みとなる。一方、ゲーム内仮想通貨Smooth Love Potion(SLP)を使用したアイテム生成ができない等の機能制限がある。

Sky Mavisが開発したAxie Infinity: Originsは、従来の「Play to Earn(稼ぐためにプレイ)」モデルを超え、より持続可能な「Play and Earn(プレイして稼ぐ)」アプローチを採用。ゲームは、オリジナルのAxie Infinityより刷新されたバトルシステムとユーザーインターフェースを導入している。

従来のゲームモデルとは異なり、新規ユーザーはNFTを購入やレンタルすることなく「スターターキャラクター」を入手可能。また、フィールドプレイヤーの活動からLANDオーナーが追加の利益を得るための統合システムが実装されている。

OriginsのiOS版では、アドベンチャーモードとアリーナモードが利用可能。アップグレード可能な「スターターアクシーズ」を駆使して、クラスバッジや名誉メダルを獲得し、アクシーズを強化していく。

ユーザーはまた、外部のNFTをiOSアプリに転送して戦闘や繁殖に使用できる。Sky Maves COOのAleksander Leonard Larsen氏は、現在のOriginsはライト版であり、将来的にさらなる機能を追加予定だと確認している。

現状の機能制限としては、プレイによってトークンの報酬が蓄積されるものの、これらの報酬はリリース時にはアプリ内で直接表示されないという点がある。さらに、ゲーム内で獲得した仮想通貨SLPは、アイテムの作成やクラフトに使用できない。

Axie Infinity: Originsは、2022年2月に発表され、同年4月には早期アクセス版がSky Mavis独自のイーサリアムサイドチェーンであるRonin上でリリースされた。テストプレイの段階でも、ゲームは大きなファンを集め、2022年6月時点で60万人以上の登録ユーザーを獲得した。

iOS版は、現在はLATAM地域やアルゼンチン、コロンビア、ペルー、メキシコ、ベネズエラ、インドネシア、マレーシア、ベトナムなどの主要なアジア市場のユーザーにアクセス可能。将来的にはグローバルで利用可能にする予定だ。

関連:NFTゲーム「アクシーインフィニティ」、ステーキング需要で土地NFTの出来高急増

Apple App Storeと仮想通貨アプリ

Apple App Storeは、仮想通貨アプリに対して厳格な審査基準を設けてきた経緯がある。2022年には、App Storeの審査ガイドラインを更新し、NFTに関する規定を追加した。これにより、アプリ内課金を通じたNFTのミンティング、リスト、転送を許可する一方で、外部で購入したNFTに関連する追加コンテンツや機能は許可していない。

出典:App Store Review Guidelines

この方針により、Coinbase WalletアプリからNFTの転送機能が削除されるに至った。Coinbaseはまた、Appleがイーサリアムの送金手数料(ガス代)に30%の手数料を追加しようとしたが、技術的には不可能であるとも指摘した。

Axie Infinity: OriginsのiOSリリースは、この複雑な状況の中で前進する一歩のように見える。Larsen氏はSky MavisがApple社との強い関係を維持していると考えており、「Appleとの調整に2年間を費やした。当社とAppleの関係は強固だ」と述べている。

関連:米アップル社、コインベースウォレットにNFT送信機能停止を要請

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/24 金曜日
07:45
グレースケール、StacksとNearの仮想通貨投資信託を提供開始
グレースケールは、投資信託から様々な銘柄を機関投資家に提供するで流動性を高めて今後ETF(上場投資信託)への転換の基礎を確立していく。
06:15
イーサリアム現物ETF、米SECが承認 ブラックロックなど8銘柄
米SECは24日、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの上場申請を初めて承認した。
06:10
米SECがイーサリアム現物ETF発行企業と対話開始、S-1フォームめぐり
Galaxy Digitalのレポートによると、仮に承認されれば、7月か8月に取引所に上場され取引を開始する可能性が高い。
05:30
コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。
13:55
「パラレル」カードゲーム、日本楽天ブックス提携でカードや漫画を流通へ
楽天ブックスはパラレルと提携することで、日本におけるカード、コミック、玩具などの販売代理店として、世界最大級のTCG市場に参入する橋渡しとなる。
13:35
韓国最大手アップビット、オアシスの新規上場を発表 OAS急騰
韓国トップの暗号資産(仮想通貨)取引所アップビットが、新規にオアシス(OAS)の取扱いを発表。OASは44%急騰している。OASはグローバル展開を進めており、バイナンス、コインベースなどトップ市場への上場に期待も高まる。
11:45
イーサリアムに続く現物ETFはソラナになる可能性 識者が議論
仮想通貨投資企業BKCMのブライアン・ケリーCEOは、仮にイーサリアム現物ETFが承認された場合、次に続くのはソラナになるだろうと意見した。
10:45
香港当局、ワールドコインを個人データ条例違反と指定
香港の個人データ保護当局は、仮想通貨プロジェクト「ワールドコイン」が条例に違反しているとして、虹彩データ収集活動などの停止を命じた。
10:10
NTT Digital、新プロジェクト「web3 Jam」を立ち上げ
ブロックチェーンを活用して円滑な企業連携を目指すプロジェクトweb3 Jamの立ち上げをNTT Digitalが発表。立ち上げの背景や今後の計画を説明している。
07:45
SECゲンスラー委員長反対も、仮想通貨重要法案「FIT21」は下院通過
米バイデン政権とSECのゲンスラー委員長は仮想通貨法案「FIT21」に反対を表明。どちらも投資家保護のルールが不十分だと主張している。
07:25
WisdomTree、イギリスでビットコインとイーサリアムETP上場承認を取得
米資産管理会社ウィズダムツリーは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの現物上場取引型金融商品をロンドン証券取引所に上場する承認を英金融当局から受けた。
06:55
仮想通貨ウォレット「メタマスク」、ビットコイン対応へ
ついにビットコインサポートか 暗号資産(仮想通貨)ウォレットのMetaMask(メタマスク)は、ビットコインへの対応を導入する予定のようだ。 公式発表はまだされていないが、Co…
06:05
ナスダック、ブラックロックのイーサリアム現物申請ETFフォームを更新
ナスダックによる書類の更新内容は、これまでアークやフィデリティなどのものに類似し、仮想通貨ETH保有資産のステーキングを行わないことを明記している。
05:50
エヌビディア純利益7倍の好決算、AI関連の仮想通貨銘柄連れ高
半導体大手エヌビディアの好決算を受けて、FETやRender、AR、AGIX、TAOなどの仮想通貨AI関連銘柄は全面高になった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア