紙幣が仮想通貨に取って代わられる将来は近い:米デューク大学教授が発言

Duke Fuqua School of Businessの教授であるCampbell Harvey氏は、アメリカでは今後紙幣に変わって国独自の仮想通貨が主要な通貨となるだろうと語った。

米デューク大は、全米で8位に位置する有名校であり、今回の発言が注目を集めた。

同氏は紙幣が仮想通貨に置き換わることで紙幣の偽造や脱税、闇市場での取引といった犯罪を解消できるとも指摘した。

また、すでにキャッシュレス化が進んでいるスウェーデンでは現金での決済は2%以下になっていることなどを例に挙げつつ、あらゆるものがデジタル化している現代において紙幣は合理的では無いと述べた。

各国政府がブロックチェーンの研究に勤しんでいる事実もまた、近い将来仮想通貨が通貨のメインとなることを確信させる要素だという。

Harvey氏はインタビューで「国独自の仮想通貨が途上国と先進国の格差を拡大することにつながるか」と聞かれると、銀行口座やクレジットカードを持っていない人の多い途上国の方がむしろ仮想通貨の採用による発展を加速させるだろうと話した。

参考記事:Duke professor says U.S. should replace paper money with national cryptocurrency

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ビットコインはドルの代わりになる:「金持ち父さん 貧乏父さん」作者が語る
世界発行部数3200万部を誇る「金持ち父さん・貧乏父さん」の作者であるロバート・キヨサキ氏は、裏付けのない米ドルを問題視し、人民のお金である仮想通貨、仮想通貨がいずれドルに取って代わると発言している。
仮想通貨デリバティブ商品の拡大、仮想通貨市場への更なる巨大資金流入
大手金融機関によるビットコインデリバティブ取引の参入など、相次ぐビットコイン関連商品の誕生に、機関投資家などからの資金流入も加速する見込みにあります。仮想通貨が既存金融市場と現実的な融合を遂げる時期に来ているようです。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら