CoinPostで今最も読まれています

シンガポール中銀、相互運用可能なデジタル資産ネットワークの枠組みを提案 金融庁もオブザーバーとしてイニシアチブに参加

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

オープンで相互運用可能なネットワークの確立

シンガポールの中央銀行にあたるシンガポール金融管理局(MAS)は26日、トークン化されたデジタル資産取引を推進するためのネットワークの設計方法を提案する報告書を発表した。

この報告書は、MASが2022年5月に設立したデジタル資産に関する官民連携イニシアチブ「Project Guardian」の一環として、国際決済銀行(BIS)の決済・市場インフラ委員会(CPMI)と共同で作成され、DBS銀行、JPモルガン、HSBC、SBIデジタルアセットホールディングス、スタンダードチャータード、UOBからの寄稿が含まれている。

Project Guardianは、デジタル資産と分散型プロトコルの普及に伴う市場の分断を防ぐため、業界におけるベストプラクティスと技術標準を推進することを目的としており、同時に規制当局の役割も探求する。

「オープンで相互運用可能なネットワークを可能にする」と題した報告書では、トークン化された実体経済資産と金融資産を基盤として、オープンで相互運用可能なデジタル資産ネットワークを設計するためのフレームワークを紹介。また、当該ネットワークの概念を説明するため、実際のケーススタディとソリューションの例を示した。

その一つが、東南アジア最大手のDBS銀行と日本のSBIデジタル・アセット・ホールディングスが行った店頭外国為替取引で、トークン化された資産と流動性プール・プロトコルの有用性を検証したものだった。その他にも貿易金融における資産担保証券のトークン化や、店頭取引される仕組み債のトークン化についての実例が提示された。

MASは、デジタル資産エコシステムにおける真の価値は、実体経済と金融資産をトークン化によってデジタルで表現し、効率的で利用しやすく、かつ安価な金融サービスの提供を促進することだと主張している。

資産のトークン化は、経済成長の原動力となる流動性を解き放つとともに、投資へのアクセスを改善し、投資の選択肢を広げる可能性がある。

プロジェクトの拡大

MASは同日、より多くの金融資産クラスにおける資産のトークン化の可能性を探るため、Project Guardianの拡大を発表。この取り組みを支援するために、11の金融機関で構成されるProject Guardian産業グループを設立し、資産管理、債券、外国為替における業界の試験運用を主導するという。

試験プログラムには以下のようなプロジェクトが含まれる。

  • デジタル仕組み債やトークン化された投資商品
  • デジタルネイティブなVCC(可変資本会社)ファンドの発行
  • トークン化資産担保証券、トークン化債券、トークン化された銀行債務
  • デジタル債券を用いたレポ取引
  • デジタル資産取引の価格決定と執行のテスト

資産のトークン化推進に積極的に取り組んでいるMASは先週、中央銀行デジタル通貨(CBDC)、トークン化された銀行預金、ステーブルコインなどで使用できる共通プロトコルのホワイトペーパーも発表したばかりだ。

関連:シンガポール中銀、CBDCやステーブルコインの共通プロトコル発表

金融庁も参加

MASはまた、日本の金融庁が海外の金融規制当局として初めて、Project Guardianに参加することを歓迎すると発表した。

MASの市場開発担当のLeong Sing Chiong副専務理事は、暗号資産(仮想通貨)の投機については否定的だが、そのエコシステムには「価値創造と効率化の可能性」を見出しているため、「責任ある革新的なデジタル資産エコシステムを育成するため、業界と積極的に協力している」という。

また、同プロジェクトが新たな段階に入ったため、エコシステムのグローバルな取り組みを支援するため、金融庁とともに、官民の垣根をこえた協働ができることを楽しみにしていると述べた。

金融庁は26日、オブザーバーとしてProject Guardianに参加すると発表。プロジェクトの目的を「金融安定や公正性に係るリスクを管理しつつ、アセット・トークナイゼーション等のデジタル技術の活用可能性について、パイロット実験を通じて検証を行うこと」と説明している。

金融庁の柳瀬護・総合政策局参事官は、プロジェクト参加にあたり、以下のようにコメントした。

分散型金融システムは複雑に発展を続けており、リスクへの対応が重要である一方で、ブロックチェーン技術がWeb3.0を含め中長期的にイノベーションの源泉となっていく可能性もある。MASや金融機関との協働を通じて、本領域における知見を更に高めていければと思う。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア