CoinPostで今最も読まれています

シンガポール中銀、CBDCやステーブルコインの共通プロトコル発表 AmazonやDBS銀行などが試験運用を実施

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

デジタル資産のための「PBMプロトコル」

シンガポール金融管理局/中央銀行(MAS)は21日、中央銀行デジタル通貨(CBDC)、トークン化された銀行預金、ステーブルコインなどで使用できる共通プロトコルのホワイトペーパーを発表した。

このプロトコルは、様々なデジタル資産の送信者が、その有効期限や、そのお金を使用できる店舗の種類などの条件を指定できるもので、「Purpose Bound Money:PBM(目的限定型マネー)」と名付けられている。

PBMプロトコルは、多様な台帳テクノロジーや通貨形式で機能するように設計されており、ユーザーは各自選択した様々なウォレットプロバイダーを使用して、デジタル資産にアクセスできるようになる。

異なるウォレットプロバイダーを使用しているユーザー同士も、カスタマイズを行うことなく、デジタル資産を相互に送信することが可能だ。

AmazonやDBS銀行らが試験運用を実施

PBMプロトコルは、MASが国際通貨基金(IMF)、イタリア銀行、韓国銀行、その他の金融機関やフィンテック企業と協力して構想したものである。これらの機関や企業は、「オンラインコマース」と「プログラム可能な報酬」について、PBMを使った試験運用を開始する。

まず、「オンラインコマース」の分野では、Eコマース大手Amazon、企業向けファイナンス企業FAZZ、多様なサービスを展開するアプリを開発するGrabが試験運用を行う。

これらの企業は、オンライン小売決済のエスクロー(売買取引などを信頼できる第三者が仲介すること)などのユースケースを試験的に検討する。

顧客が購入した商品を受け取ったときにのみ、販売者へ支払いが行われるようになるため、買い手と売り手の双方が安心して取引できるようになる見込みだ。

次に「プログラム可能な報酬」については、Grab、FAZZに加えて、東南アジア最大手銀行DBS、電子送金企業NETS、ユナイテッド・オーバーシーズ銀行(UOB)が試験運用を行う。

PBMを使用して、キャッシュバックやその他のユーザーへのインセンティブ付与を試行する計画だ。PBMにより、サービス提供者は、売上金額と新たなセールスキャンペーンの開始に必要な時間に関する調整などの手間を軽減しながら、消費者エクスペリエンスを向上できる見込みである。

MASのフィンテック部門責任者、ソプネンドゥ・モハンティ氏は官民協力の重要性について、次のように説明した。

金融業界の関係者と政策立案者が協力することは、デジタルマネーの使用によって決済の効率性、加盟店獲得、ユーザーエクスペリエンスなどにおいて大きな進歩を達成する上で役立ってきた。

さらに、デジタルマネーが将来の金融や政策において鍵となる要素であるという見通しが強化されたことも重要だ。

PBMプロトコルについてのホワイトペーパーは、MASが進めるCBDC関連のプロジェクト「Project Orchid」の一環である。ホワイトペーパーは、中央銀行、金融機関、フィンテック企業が、デジタルマネーの使用上における設計などのための研究をさらに進めることを奨励した。

PBMのソースコードやソフトウェアプロトタイプも、開発と学習を支援するために、一般向けに公開されている。

CBDCとは

各国・地域の中央銀行が発行するデジタル化された通貨を指す。「Central Bank Digital Currency」の略である。仮想通貨との大きな違いは、CBDCは法定通貨であること。通貨の管理や決済等においてコスト削減や効率性向上が期待できる一方で、個人情報やプライバシーの保護、セキュリティ対策、金融システムへの影響など考慮すべき課題は多い。

▶️仮想通貨用語集

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/12 金曜日
18:00
ドージコインの価格動向と将来性 イーロン・マスクとの関係や決済機能の近況
主要なミームコイン、暗号資産(仮想通貨)ドージコインの価格予想、将来性、リスク、企業決済導入の動きについて解説。イーロン・マスク氏との関係やXでの決済導入にも注目。
17:30
JPモルガンのビットコイン市場予測 8月に反発か
JPモルガンは、仮想通貨ビットコインの生産コストや金価格を考慮し、市場全体への資金流入予測を120億ドルから80億ドルに引き下げた。ビットコインの大量売却が7月中に緩和し、8月以降の市場反発が期待される。
13:45
米連邦地裁、コインベースによるゲンスラーSEC委員長のメール開示請求を批判
米連邦地裁のファイラ判事は、米大手取引所コインベースが証券取引委員会に対する訴訟で、ゲンスラー委員長の私的通信の開示を求める申し立てを行ったことについて強い懸念を示した。
12:33
米CPIポジティブでビットコイン上昇も、買い続かず
暗号資産(仮想通貨)相場ではCPI(米消費者物価指数)発表を受けビットコイン(BTC)が一時上昇するも、レジスタンスライン(上値抵抗線)で阻まれ下落に転じた。
11:40
「仮想通貨保有者は超党派」米コインベースの大統領選挙関連調査
米コインベースは大統領選と仮想通貨に関する調査を発表。共和党、民主党いずれの支持者にも同程度、仮想通貨ユーザーがいるとしている。
11:00
ソラナ基盤の「DePlan」、遊休サブスクをレンタルして収益化
仮想通貨ソラナ基盤DePINプロジェクト「DePlan」が概要を発表。ユーザーは購読しているアプリの未使用部分をレンタルして収益化できる。
09:50
パクソス、米SECによるBUSDの調査が終了したことを発表
BUSDは有価証券ではないと主張してきたパクソスは、米SECの調査が終了したことを発表。BUSDについて、SECは同社を提訴しないと決断したと説明した。
08:20
Coinbase Walletの新たなウェブアプリ、仮想通貨ポートフォリオを360度でチェック可能
仮想通貨取引所大手コインベースは12日、新版のCoinbase Walletのウェブアプリをローンチした。より利便性の高いユーザー体験を提供する機能を導入している。
07:25
ソラナミーム仮想通貨BONK、840億トークン焼却(バーン)へ
ソラナ基盤の大型仮想通貨ミームコインBONKの保有者たちは12日、約840億トークンを焼却する提案を採決した。
07:00
ビットコイン、短期保有者の取引活発化か
仮想通貨取引所のビットコイン残高が増加傾向にある。CryptoQuantの幹部によれば、短期保有者の取引が活発化している可能性が高いという。
06:55
ビットコイン保有の米マイクロストラテジー、1株を10株に分割へ
仮想通貨ビットコインを最も保有する米上場企業マイクロストラテジーは11日、株式の10分割を発表した。
06:20
韓国アップビット、仮想通貨Galxe(GAL)上場
韓国大手取引所であるアップビットとビッサムは11日に銘柄の新規上場を実施した。
07/11 木曜日
14:20
バイデン大統領顧問、仮想通貨業界リーダーらとの円卓会議に参加
共和党が仮想通貨支持の姿勢を強める中、バイデン米大統領のアニータ・ダン上級顧問は、仮想通貨業界のリーダーと民主党議員が意見を交わす場として開催された円卓会議に参加した。
13:50
a16zのアンドリーセン氏、AIボット支援で800万円相当のビットコインを送付
米VC大手のa16zの創設者であるマーク・アンドリーセン氏は10日に、AIエージェント「Truth Terminal」に5万ドル分のビットコイン(800万円相当=0.866 BTC)を送金したことが判明した。
11:55
Web3ゲーム企業Immutableが日本進出、DMMグループDM2C・QAQAと提携
Web3ゲーム企業Immutableは、日本企業DM2C StudioおよびBLOCKSMITH&Co.と一連の戦略的パートナーシップを結んだ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧