CoinPostで今最も読まれています

ツイッターが米国3州で送金業者ライセンス取得、オールインワンアプリへの一歩か

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ツイッター 送金機能への期待

ソーシャルメディア大手のツイッター社が3日、米国内3州にて送金業者としてのライセンスを取得したことが判明した。

金融サービス情報サイト「NMLS Consumer Access」によると、ツイッター社はニューハンプシャー州、ミシガン州、ミズーリ州で、米国の送金業免許「Money Transmitter License(マネートランスミッター ライセンス)」を取得している。

マネートランスミッターライセンスは、顧客間の資金移動サービスを提供する個人や企業が取得するべき免許であり、これにより為替業務やプリペイドカードの発行も可能となる。ただし、ツイッター社が全米で送金業務を展開するためには、各州ごとにライセンスの取得が必要となる。

このニュースは、必ずしもツイッター社が仮想通貨決済を取り入れるという結論を導くものではないが、過去に仮想通貨ウォレットの統合が示唆されていたこともあり、ソーシャルメディア上での注目度は高まっている。

22年にツイッター社を買収したイーロン・マスク氏は、当初から仮想通貨ウォレットの統合に積極的だった。ただし、社内体制の改革やサービス改善を優先した結果、ウォレット機能の実装は一時的に停止された経緯がある。

また、マスク氏は、WeChatのような「オールインワンアプリ」を作りたいという意向を示していた。WeChatは、ビデオチャットからメッセージング、ストリーミング、決済、投資サービスまで一手に担う「スーパーアプリ」と称されている。

現在、ツイッター社の会長およびCTO(最高技術責任者)を務めるマスク氏は依然として、包括的なソーシャルアプリ「X, The Everything App」実現への関心を示唆している。

一方、ツイッターの新CEOに就任した、リンダ・ヤッカリーノ氏は公の舞台で仮想通貨についてコメントしていない。しかし、ヤッカリーノ氏が仮想通貨ドージコイン(DOGE)の主要開発者をツイッター上でフォローしていることは周知の事実となっている。

関連:イーロン・マスク氏、ツイッターのCEOを退任へ 後任決定を発表

ツイッターキラーアプリの登場

ツイッターを買収して以来、マスク氏は大幅なサービス変更を進めてきた。先週末には、ツイッターが未登録ユーザーが閲覧可能なツイート数を制限する「スクレイピング」の導入を発表したが、この動きには一部から不満の声が上がっている。

また、ツイッターは4日に、ジャーナリストやソーシャルメディア専門家がよく利用するツール、TweetDeckに大幅な変更を加えたことを発表した。この改革により、約1ヶ月後にはTweetDeckが有料化されると見られている。

一方で、ツイッターの混乱に乗じて、ユーザーを奪おうとする「キラー」アプリも出現している。ツイッターと同じ分散型SNSの「Bluesky Social(以下Bluesky)」は、iOS向けのAppleのアプリストアでテスト配信を開始している。Blueskyはもともとツイッター社が開発を主導しており、ジャック・ドーシー氏がツイッター社に在籍していた時に開発が始まった。2021年には、仮想通貨Zcash(ZEC)のソフトウェアエンジニアの経験を持つJay Graber氏をプロジェクトリーダーに任命し、注目を集めた。

さらに、Instagramは6日に、テキストベースのコミュニケーションアプリ「Threads(スレッズ)」のiOS版をリリースしたと発表した。Threadsは、ツイッターに似た公開討論のプラットフォームを提供し、ユーザーは自身のInstagramアカウントを使ってログインし、既につながりのあるユーザーをフォローすることが可能となっている。

メタを提訴か

ツイッターはThreadsをめぐり、メタを提訴する可能性を示唆したことが7日に報じられた。ツイッターの弁護士アレックス・スピロ氏はメタがツイッターの機密情報にアクセスできる元従業員を雇用したとして、ザッカーバーグ CEO宛の書簡で、「ツイッターは知的財産権を厳格に行使する意向だ。メタに対し、ツイッターの企業秘密など機密性の高い情報の使用を停止する措置を直ちに取るよう求める」と述べたという。

一方、メタの広報担当者は「Threadsのエンジニアリングチームにツイッターの元社員はいない」とスレッズに投稿し指摘を否定した格好だ。

関連:新インスタアプリ「Threads」、メタのツイッター対抗アプリとしてリリース予定

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/24 月曜日
18:55
マウントゴックス、7月初旬からビットコインとビットコインキャッシュの弁済開始を発表
2014年に破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所マウントゴックス(Mt.Gox)が今年7月初めよりビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の返済を開始することがわかった。この発表を受け、ビットコイン(BTC)が急落した。
17:41
Kaikoが選ぶ暗号資産取引所ランキング ビットバンク、ビットフライヤーなど選出
Kaikoは2024年Q2の暗号資産(仮想通貨)取引所ランキングを発表。日本のビットバンク、ビットフライヤー、コインチェックがトップ30にランクイン。詳細なスコアと評価基準を解説
14:23
香港立法会、Web3と仮想通貨開発に関する小委員会を設立
香港特別行政区立法会は、香港におけるWeb3と仮想通貨の開発に関する小委員会を設立。Jonny Ng議員はWeb3業界の将来の方向性を議論し、効果的な政策提言を行うため、広く世界中の業界識者に意見を提出するよう呼びかけた。
12:44
TONの日間送金量が100億ドル規模に、パンテラキャピタルが追加投資を計画
メッセージングアプリ「テレグラム」内で利用される仮想通貨TONの日次転送量が100億ドルの大台に達した。大手VCパンテラキャピタルはTONへ投資する新たなファンドを準備している。
11:43
「現実資産(RWA)トークン化市場、2030年までに320兆円規模に」米大手コンサルのマッキンゼーが予測
マッキンゼーは、トークン化された現実資産(RWA)の市場規模が2030年までに約320兆円に達するとの予測を発表した。
11:26
ビットコイン続落で2週連続陰線、市場から警戒される3つの下落要因は?
暗号資産(仮想通貨)相場では、ビットコイン週足が2週連続大陰線で64000ドルのサポートラインを割り込んだ。調整局面が意識される中、マイナーの大規模売りなど市場関係者に警戒される3つの下落要因について解説。
06/23 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETHの証券性判断に高い関心
今週は、米SECによるイーサリアムの証券性判断、マイナーのビットコイン保有量の減少、自民党議員による仮想通貨についての発言に関するニュースが最も関心を集めた。
10:30
ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、下落中の今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。米国大統領選前の初回テレビ討論会など材料豊富な来週の展望を読み解く。
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア