【速報】『LINKトークン』とLINEの独自仮想通貨エコシステムを「年内に」稼働開始予定と発表

LINEのブロックチェーン・エコシステム、「2018年12月に開始」
Coindesk社主催の仮想通貨カンファレンス、Consensus Singaporeで行われたプレゼンテーションでLine社は独自仮想通貨エコシステムを今年12月までに稼働開始する予定を明かした。
日本での「LINK」
LINEの運営する仮想通貨交換所BITBOXは日本国内での交換業がまだ認可されていない為、当面はLINKトークンの代わりにLINEポイントとの還元が可能となる「LINK」ポイントが利用される。

日本最大級のメッセージアプリを提供するLINE社がトークンに裏付けられたエコシステムを12月までに稼働開始するという、大胆な構想をConsensusシンガポールで発表しました。

Lineのユーザーを仮想通貨へ

LINEは韓国の仮想通貨ICONのブロックチェーンエンジン、Loopchainを元にLINKCHAINを作成、同社のコンソーシアム、メインネットとして運用します。

出典:Youtube

LINE社はプラットフォーム作成の経験を活かし、Linkchainで1秒間に1000以上の取引が可能となる予定です。

出典:Youtube

LINKCHAIN:LINEのブロックチェーン・メインネット

1000以上のTPS(トランザクション処理件数)

また現在、LINEアプリは現在月間1.6億人のアクティブユーザーがいることを発表しましたが、ビットコインウォレットやイーサリアムウォレットなどから算出する2800万人と4200万人のユーザー数を大きく上回っています。

LINEの独自通貨であるLINKトークンはユーザーがdAppsを利用すれば、トークンの報酬がもらえる仕組みで、開発者も自社のアプリをLINEのブロックチェーン上で行うことが可能となります。

LINE社は、ブロックチェーンを通じて、レストランやネット配信、ショッピングなど、様々なアプリケーションが作られるきっかけもつくろうとしています。

出典:Youtube

同社は先月末には独自の仮想通貨、LINKトークンに関する計画を発表、dAppsを主とした独自のブロックチェーンを開発する予定を明らかにしていました。

LINEのスケーラビリティ問題に対する解決策

LINEの掲げたもう一つの大胆な目標が、同社のスケーラビリティに対する取り組みです。

出典:Youtube

LINEAR NETWORKと称されたこの計画では、dAppsはそれぞれleafchain(リーフチェーン)と呼ばれ、さらにそこから枝分かれが可能なチェーン上で作成されます。

このネットワークはLINKトークンにより裏付けられ、異なる「チェーン」間の取引にはスマートコントラクトが利用されます。

同社のプレゼンテーション内で、LINE社はLINKトークンとLINEARネットワークの稼働開始を12月に予定しているとしました。

日本での「LINK」

今年6月末に発表されたLINEの運営する仮想通貨取引所であるBITBOXは、日本では未だ登録業者としての交換業が認められていない為、日本ではLINKトークンの代わりにLINKポイントが発行されます。

LINKトークン、及びLinkポイントは合計で10億枚発行される予定で、そのうち20%は発行会社が保管、管理するとのことで、日本ではLINKポイントは既に利用されているLINEポイントに還元できるそうです。

日本の大手企業であるLINEが独自の仮想通貨、ブロックチェーンを展開すれば停滞気味の日本国内企業の仮想通貨導入の人気にも再び火がつくかもしれません。

CoinPostの関連記事

LINEが仮想通貨取引所「BITBOX」を展開|日本とアメリカは除外
シンガポールで7月から参入する計画で、対応通貨としては、BTCやETHを含む30種類以上の通貨が挙げられており、また法定通貨の取引は行わず、取引手数料は0.1%と非常に安くなっています。しかし今回のサービスは、日本とアメリカを覗く15カ国に向け提供されます。
LINE子会社の仮想通貨取引所にTRON上場:2000万円相当のエアードロップ実施
LINE社の仮想通貨取引所にTRON上場 LINEのシンガポール子会社が運営する仮想通貨取引...

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加